FC2ブログ
2021/06/10

獅子ヶ鼻トレッキングコース(前編)

 本当に梅雨か?
 何にしても、これだけの好天なのにどこも行かないという選択肢はない!わけで、山登りに出かけてみました。
 今回お邪魔したのは、静岡県磐田市にある「獅子ヶ鼻トレッキングコース」です。新城からは新東名を使えば45分ほどで着いてしまうのでした。
 re3607.jpg
 公園上駐車場には私の車も含めて3台しか停まっていませんでした。
 午前8時25分、出発。

 re3608.jpg
 駐車場入口に案内板と、その下に「コースマップ」の入った箱がありました。マップはウェブ上でも手に入ります

 re3609.jpg
 こんなのんびりとしたお茶畑の中を進んでいくと、立派な東屋があり休憩ができます。マップはここでも手に入ります。

 re3610.jpg
 8時41分、三角点。浜松市方面の展望あり。さらに、ここの前山が展望台になっており、東屋が建ってました。
 
 re3611.jpg
 権現様の埋蔵金伝説ですか… 夢がありますな。

 re3612.jpg
 コース上には案内があり、道に迷う心配はありません。まずは「蟻の戸渡り」を目指して、左の山道に入りました。

 re3613.jpg
 「蟻の戸渡り」下のコース案内。事故防止のため、一方通行とのこと。気を引き締めて、進みましょう。

 re3614.jpg
 途中、こんな掲示も… 怖いな…

 re3615.jpg
 9時00分、「蟻の戸渡り」
 大きな岩を回り込んで上に出ると、背後は岩壁になっており、何か不気味な仮面が…

 re3616.jpg
 で、これが「蟻の戸渡り」です。両側は切り立った崖。途中には岩が道を塞いでいます。アレをどう攻略するか… 乗るか? 右を回り込むか? 考えた末、回り込む方をチョイスしました。へっぴり腰になりながら、何とか通過。これはスリルあるわ…

 re3617.jpg
 渡り終えて対岸から撮った1枚。岩山の山頂にたなびく旗と赤い天狗の看板が見えます。「蟻の戸渡り」から直では登れません。

 re3636.jpg
 一旦下に降りて、浮石コースを進むと、すぐに「天狗岳入口」の案内があります。
 ここの登りもスリルあります… 三点確保を心がけて慎重に登りましょう。

 re3637.jpg
 9時16分、天狗岳山頂。

 re3635.jpg
 山頂から西方を望む。左手の山上には風車が見えたので、「三岳山」だと分かりました。(画像では木が邪魔して分かりにくいのですが) 
 問題はその右の高い山ですな。「観音山」でしょうか。実は山岳同定用のアプリを導入したのですが、ザックから出すのが面倒で、ここでは使わず… 使っていれば一発で分かったのにね。

 後編に続く。

 

コメント

非公開コメント