FC2ブログ
2021/02/23

ちょっ登山 本宮山(尾根コース・馬の背平経由)

 昨日(2月22日)、休暇を取って本宮山に登ってきました。
 今回使ったのは、昨年8月13日に登った「国見岩コース」の西側の痩せ尾根を直登するコースになります。
 
 re3351.jpg
 県道21号線を「宝円寺」方面に折れ、ずんずん進み、新東名の高架下のトンネルを抜けたところに車を停めました。
 午前9時27分、登山行動開始。

 re3352.jpg
 「国見岩コース」との分岐。
 去年はこの手前で倒木が道を塞いでいましたが、きれいに片付けられていました。
 右に行くと「国見岩コース」。今回は、左の林道を進みました。

 re3353.jpg
 9時39分、登山口。
 分岐から100mほどで小さな橋を渡ります。すると、右手の尾根の取り付きに登山口の表示があるのを見つけました。

 re3354.jpg
 最初からかなりの急勾配の山道が付けられていました。「痩せ尾根直登マニア」にはたまらない登りが続きます。
 15分ほどで、見晴らしのいい場所に出ました。眼下に新東名、彼方には湖西連峰が望めました。
 ここからしばらくは傾斜がゆるくなりますが、安心してください! すぐに急勾配に戻ります。

 re3355.jpg
 岩場をガシガシ登ったり、回り込んでみたり、スリルを味わうことができます。
 コース上には、赤テープやピンクリボンが付けられているので、それに従って行けば危険は回避できます。
 

 re3356.jpg
 「本宮山↑ 馬の背平15分」の標示。

 re3358.jpg
 re3359.jpg
 「尾根直登」で12、3分進むと、「尾根道下山口」の標示があります。その先、尾根上に赤テープも見えますが、よく見ると、右手に折れる道もついています。真っ直ぐ尾根を登っていくと、道はすぐに判然としなくなります。ここは右に折れてトラバース道を行きます。

 re3357.jpg
 10時56分、馬の背平。
 林道脇の木が伐採されて、左手はハゲ山状態になっていました。ここから林道を使い1.2kmで山頂に行けますが、直登フェチ(直登に異常執着する方)は右の近道コースを取るべきです。

 re3360.jpg
 画像ではその凄さが伝わらないのが残念。ガシガシ登っていきます。

 re3361.jpg
 11時16分、岩戸神社の鳥居。
 このすぐ下が「国見岩(天の磐座)」になります。

 re3362.jpg
 11時22分、山頂に着きました。
 天気快晴でしたが、やや霞んでいました。山頂の芝生に座って、昼食。いつものファミマおにぎりをペットボトルのお茶で流し込む、と。

 re3363.jpg
 下りは「国見岩コース」を使おうかなと思っていたのですが、馬の背平付近に気になる道を見つけてしまったので、それを下ってみることに。

 re3364.jpg
 馬の背平から20mほど入ったところで道が分岐しています。右は登りで使った「尾根コース」。左に下っていく道は、どこにいくのか?

 re3365.jpg
 小さな沢を渡り、トラバース道を進むと… 5分ほどで尾根コースに合流しました。
 画像の赤テープ2本巻が目印です。尾根コースを登ってきて、もう登りはいいやと思ったら、ここで右に折れればトラバースできます。直登上等!な方は、まっすぐ登ってください。

 re3366.jpg
 12時26分、登山口まで下りてきました。久しぶりに万歩計で測った結果、歩数は12400歩でした。

コメント

非公開コメント