FC2ブログ
2021/01/09

ちょっ登山 ~三岳山(467.2m)~

 新東名高速道路を西に向かって車を走らせ、浜松SAを過ぎると三岳山トンネルという長さ3.2kmの長いトンネルに入ります。その上には巨大な風力発電のプロペラが林立しているので、皆さん気になっていると思います。
 今日(1月9日)は、そのトンネルの名前の元になっている「三岳山」に登ってきました。登ったと言っても、直下の三岳神社まで車で入っているので、まさしく「ちょっ登山」ですが…

 re3277.jpg
 三岳神社手前のお堂脇に車を停めました。午前10時12分登山行動開始。

 re3278.jpg
 三岳神社。階段下にも駐車場があり、10台ほどのスペースがあります。

 re3279.jpg
 神社から山頂までは30分もかからない距離ですが、かなりの急勾配となっています。雨が降った後などは足元に注意したほうが良いと思います。
 
 re3280.jpg
 10時28分、三岳城址と二の城址の分岐。
 三岳山の山頂には、南北朝時代に「三岳城」が建てられました。その後、代々この地を治めた井伊氏の拠点となっていましたが、1513年に落城したと伝えられています。この城については、別カテゴリ(城)で紹介するつもりです。

 re3281.jpg
 10時41分、山頂着。ちょっと寄り道をしたので、時間がかかりました。
 re3283.jpg
 山頂から浜松市街を望む。

 re3284.jpg
 YAMAPの地図には、三岳山から尾根伝いに400mほど東に「兎荷(とつか)山」という頂が書かれています。気になったので行ってみました。山頂には境界見出し標と石柱のみ。展望もなし。

 re3285.jpg
 三岳山頂経由で三岳神社まで戻り、車道を歩いて立須に向かいました。
 神社から10分ほどで分岐に出るので右の道を登っていきます。

 re3286.jpg
 すぐに巨大な風力発電塔が見えてきます。

 re3287.jpg
 風力発電塔の下に道標がありました。これに従って進むと…

 re3291.jpg
 立須到着。

 re3288.jpg
 岩の上まで登ると、絶景が広がっていました。
 西方には、富幕山、尉ヶ峰、湖西連峰の山々が見渡せ、

 re3289.jpg
 三岳山の山頂にいる登山客の姿も(双眼鏡で)しっかり確認できました。

 re3290.jpg
 東の山々。富士山の姿も確認できました。冠雪した南アルプスもプロペラの向こうに見えたのですが、双眼鏡を使うには足元があまりに不安定で、どのあたりの山かは同定できませんでした。
 とにかく風が強い。こりゃ、風力発電には最適だわな…
 12時05分に車まで戻り、今日の登山は終わりとしました。(予定では、竜ヶ石山にも登るつもりだったのです…)

コメント

非公開コメント