FC2ブログ
2020/11/15

仮面ライダーセイバー ~交わる剣と、交差する想い。~

 仮面ライダーセイバー第10章『交わる剣と、交差する想い。』のあらすじは公式サイトでご確認ください。
 驚きびっくりでした。先代炎の剣士・上條大地が現「仮面ライダーカリバー」だったとは! 物語が大きく動いてきましたね。
 それと、ソードオブロゴスのベースがもう一つあったというのも、新展開でした。新しい剣士たちは、そっち(サウザンベース)所属なんでしょうかね? とすると、過去の例からして、ノーザンベースの剣士たちとは対極にあって、仲がよろしくないと… 三つ巴の闘争に発展していくのか? 
 そんな急展開に飲まれたように、「見えにくいアヒルの子」メギドのお話の方は冴えませんでしたね。「みにくい」と「みえにくい」をかけた駄洒落から、アヒルメギドからハクチョウメギドに進化したのはいいけれど、物語を感じることもなく、あっさり退散しました。メギドたちの抱える「物語性」をもう少し、掘り下げてほしいところです。CGを使った戦闘シーンは派手で格好いいのですが、そこに時間をとるあまりにストーリーが軽んぜられているのが、少し気になります。
 

コメント

非公開コメント

トラックバック

仮面ライダーセイバー 第10章「交わる剣と、交差する想い。」

第10章「交わる剣と、交差する想い。」 物語の結末は、俺たちが決める! (大事な事なので2回言いました)