FC2ブログ
2020/09/25

将棊頭山 登山記録

 9月22日(火)に中央アルプス将棊頭山(しょうぎかしらやま)に登ってきました。
 将棊頭山は、木曽駒ヶ岳の北に位置する標高2730mの山です。

 毎度おなじみS氏の車に同乗いたしまして、新城を9月21日16時に出発。設楽、根羽、平谷と北上し、飯田から中央道に入り、小黒川スマートインターチェンジで降り、桂小場渓谷を目指しました。登山口駐車場は、小黒川渓谷キャンプ場から2.3km上流にあります。到着したのは19時過ぎでした。この日はここにテントを張って、軽く一杯やってから就寝。

 re2960.jpg
 来年の1月まで治山工事中とのことで、プレハブの飯場が建てられており、その横には簡易トイレが設置されていました。工事関係者用だと思いますが、使わせてもらいまいした。トイレットペーパー付きの水洗洋式便座、外にはご覧のとおり、手洗い用のポリタンク、手指消毒用のアルコール液まで置いてありました。関係者以外使用禁止とは書いてなかったのですが… 使ってよかったのか?
 駐車場の広さですが、20台ほどは停められる広さがあります。しかし、坂になっているため、車中泊は厳しい。我々は何とか平らな場所を確保して、そこにテントを張りました。

 翌26日は4時起床。5時15分出発。

 re2948.jpg
 7時15分、白川分岐。笹の茂った中を少しずつ高度を稼ぐ感じで道がつけられています。

 re2949.jpg
 7時28分、大樽小屋。無人の避難小屋でした。
 re2950.jpg
 小屋の横奥に便袋式の簡易トイレが設置されていました。
 re2951.jpg
 小屋の中の様子。トイレ用の便袋が置いてあります。

 re2952.jpg
 9時18分、胸突ノ頭。大樽小屋からこの地点までは「胸突八丁」と名付けられた、やや急な坂となります。始め、胸突き…という程の坂でもないよね、と軽口を叩いていたのですが、徐々に足腰にきいてくるという感じの登りでした。

 re2953.jpg
 9時24分、分水嶺。ようやく樹林帯を抜け、目の前に木曽駒ヶ岳の展望が開けます。
 ここに降った雨は太平洋側と日本海側に分かれていくんだな…と思うと、感慨深いわけです。しかし、登り始めてすでに4時間超、感慨にふける余裕もなくなっておりました。

 re2954.jpg
 9時54分、西駒山荘。今シーズンはコロナ禍のため、営業していませんでした。トイレも使えず…

 re2955.jpg
 将棊頭山の山頂を望む。

 re2956.jpg
 10時18分、山頂。山頂から見た西駒山荘、そして伊那の街がちらりと…
 re2957.jpg
 山頂には標柱が立っていましたが、ペンキ文字が消えてしまっていました。
 晴れていれば、大パノラマが楽しめるはずですが、残念ながら雲が出てきて展望はなし。20分ほど粘ってみましたが、雲が切れそうもなかったので、下ることにしました。

 re2958.jpg
 11時18分、分水嶺。

 re2959.jpg
 12時32分、大樽小屋。

 登山口駐車場には14時10分着。全行程9時間、万歩計によりますと、23300歩、歩いたそうです。お疲れさまでした。


 

コメント

非公開コメント