FC2ブログ
2020/09/13

仮面ライダーセイバー ~水の剣士、青いライオンとともに。~

 仮面ライダーセイバー第2章『水の剣士、青いライオンとともに。』のあらすじは公式サイトでご確認ください。
 第2話も肉弾戦ゼロ、CGアニメてんこ盛りでした。
 何か、盛り上がりに欠ける展開ですな… 新鮮味もない… ラストで新たな登場人物が出てきましたが、このまま5人揃っちゃうと、まんま「戦隊もの」じゃん… 
 主人公・飛羽真とヒロイン・芽依のキャラクター被りも気になる。
 メギド一味がアジトに籠もったきり、出てこないのも「戦隊っぽい」。
 そのうち、合体ロボットまで出てきそうな勢いですな…
 ビル街での戦闘シーンはアメコミ風で、欧米に売り込むとき用なんだなと思いました。
 今回の感想はこんなところです。

コメント

非公開コメント

トラックバック

仮面ライダーセイバー 第2章「水の剣士、青いライオンとともに。」

 第2章「水の剣士、青いライオンとともに。」 青いライオンに乗った来店した新堂倫太郎。 土足がどうこうよりライオンに乗ってくる方がおかしいとは気づかない天然さん。

仮面ライダーセイバー 第2章「水の剣士、青いライオンとともに。」

仮面ライダーセイバーの第2話を見ました。 第2章 水の剣士、青いライオンとともに。 突如、飛羽真と芽依の前に現れた男・倫太郎ははるか昔から世界の均衡を守ってきた組織ソードオブロゴスの一員だという。 倫太郎は飛羽真に力があり危険だから、とワンダーライドブックを渡して欲しいというが、飛羽真は自分にとって大切なものだからと拒否する。 「どこでもドアじゃん!」 困った倫太郎は飛羽真をノーザン...