FC2ブログ
2020/09/06

仮面ライダーセイバー ~はじめに、炎の剣士あり。~

 仮面ライダーセイバー第1章『はじめに、炎の剣士あり。』のあらすじは公式サイトでご確認ください。
 新しい仮面ライダーの始まりは、いつも戸惑い&違和感からの出発です。今回のは、それが大きいかな…
 初回ということもあり、CGのシーンが盛られて、怪人とのバトルも肉弾戦は少なめ。いや、セイバー(刀剣)の物語なので、今後も殴り合いやキックは少なくなるのでしょうか?
 タイプとしては、『仮面ライダーエグゼイド』に近い印象。『仮面ライダー龍騎』とは違いますね。浅倉威は諦めたほうが良さそうです。
 「聖剣ソードライバー」には3つのシェルフがあり、属性ごとのワンダーライドブックが入るようになっているようです。これからいろいろなワンダーライドブックが出てきて、その組み合わせでいろんなライダーに変身できるようになるのでしょう。この辺りは『仮面ライダーオーズ』に近い感じでしょうか。
 初見の感想は「いまいち」かな… 今後魅力的なキャラが出てくると、大化けしますから、そこに期待したいところですね。

コメント

非公開コメント

トラックバック

仮面ライダーセイバー 第1章「はじめに、炎の剣士あり。」

仮面ライダーセイバーの最終話を見ました。 第1章 はじめに、炎の剣士あり。 小説家にしてファンタジック本屋かみやまの店主・神山飛羽真は、また同じ夢で目覚めた。 現実の世界を侵食するワンダーワールドでは仮面ライダーが戦い、幼い飛羽真は助けを求める少女を助けることができず、自らは一人の剣士に助けられるというものであった。 そんな飛羽真の手にはワンダーライドブックが残されていた。なぜ自分が...

仮面ライダーセイバー 第1章「はじめに、炎の剣士あり。」

第1章「はじめに、炎の剣士あり。」 明夫ナレで始まるのかと思ったら謎(不審)の人物が語り出したw