FC2ブログ
2018/10/07

仮面ライダージオウ ~555・913・2003~

 仮面ライダージオウ第6話『555・913・2003』のあらすじは公式サイトでご確認ください。
 かなり込み入ったお話で、しかも時空を超えた別々の場所で同じ人物を倒すという離れ業が行われました。まあ、私は大の大人ですから、当然のこと、理解できましたがね… ちびっこたちは理解できたのでしょうか? ちょっとひねり過ぎな感じがしましたが… ということで、もう少しわかりやすい展開を希望します(笑) …いやマジで( ノД`)
 佐久間とカリンは流星塾の塾生という設定でしたが、カリンが交通事故で死んだのは「例の同窓会」の前だったわけですかな。まあ、草加くんを登場させるための「方便」というくらいの設定なので、別にいいのですが… 「仮面ライダー555」フリークは気にするでしょうね。まあまあ、草加くんが2018年まで生きていること自体がおかしいのですが。いずれにせよ、草加雅人が真里以外の塾生に関心を持って15年も生きてきたことに感動しました。また「555」を見直してみようかな…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

仮面ライダージオウ EP06「555・913・2003」

仮面ライダージオウの第6話を見ました。 EP06 555・913・2003 アナザーフォーゼからアナザーファイズが出現し、女子高生失踪事件は2011年以前から発生していた可能性が高い。 アナザーライダーに狙われているカリンを守るというソウゴはゲイツに事件のさらなる調査を頼む。 カリンを狙うかつての仲間・雅人を止めるという巧もソウゴと行動を共にするが、二人は大杉先生から...

仮面ライダージオウ EP06「555・913・2003」

EP06「555・913・2003」 やっぱ555は話が重いなぁ~

仮面ライダージオウ EP06「555・913・2003」

EP06「555・913・2003」 JUGEMテーマ:エンターテイメント