2016/10/26

金峰山 登山記録

 10月16日午前5時頃起床。外気温はそんなに下がっておらず、Tシャツ・ラグビーシャツの上に薄手のフリースを羽織っただけで朝飯の支度ができました。コチジャンを塗った焼きおにぎりにコーヒーという軽めの食事を済ませ、5時50分に富士見平を出発。

 re1581.jpg
 出発直後、富士見平小屋を振り返る。中央やや左に見える小屋はトイレです。1回100円の有料制です。小屋泊、テン場利用者は無料となります。

 re1582.jpg
 6時33分、大日小屋着。谷間に青い屋根が見えるのが大日小屋。宿泊料は富士見平小屋で支払うシステムのようです。
 re1583.jpg
 re1584.jpg
 そんなに寒さは感じなかったのですが、霜柱が立っていました。久しぶりに霜柱なんて見たので、思わずパチリ… 興奮気味…

 re1586.jpg
 7時05分、大日岩の下に着く。大日岩を見上げる。

 re1585.jpg
 南アルプスの山並み。

 re1587.jpg
 そして富士山。

 re1588.jpg
 8時15分、砂払ノ頭着。
 re1589.jpg
 金峰山を望む。
 re1590.jpg
 そして、前日登った瑞牆山。その向こうには八ヶ岳。

 re1591.jpg
 9時15分、山頂着。ここも人で溢れかえっていました。10月の中旬、快晴とくれば当たり前ですが… そういえば、この山行で感じたのですが、若い人の姿が目立ちましたね。山に若者が帰ってきてくれているようで、大変嬉しく思いました。それと、女性の単独行も多かったな。関東圏では当たり前の風景なのでしょうか? 
 re1592.jpg
 9時50分に山頂を出発。五丈岩には若者たちが取り付いていました。もちろん、年寄りはそんな無茶しません。
 
 re1593.jpg
 12時08分、富士見平のテン場着。テントの撤収後、早々に下山。

 re1594.jpg
 13時10分に瑞牆山荘駐車場に着きました。日曜日のこの時間帯ともなると、車の数も随分減っていました。
 何にせよ、お疲れ様… この後、S氏には4時間の運転をお願いすることになるのですが… 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント