2015/12/02

白毫寺(奈良)

 奈良、山の辺の道を歩いた際に立ち寄った「白毫寺」を紹介します。
 
 白毫寺(びゃくごうじ)は、奈良県奈良市白毫寺町にある真言律宗の寺院。本尊は阿弥陀如来。開基(創立者)は勤操と伝える。奈良市街地の東南部、春日山の南に連なる高円山の山麓にあり、境内から奈良盆地が一望できる景勝地に建つ寺である。関西花の寺二十五霊場第18番(萩)。(ウィキペディアより)

 万葉歌人として知られる志貴皇子ゆかりのお寺です。
 re1267.jpg
 参道。

 re1268.jpg
 白毫寺と言えば、「花のお寺」で『五色椿』が有名です。残念ながら五色椿は春先に咲くそうで、狂い咲きの花がチラホラしているだけでした。

 re1269.jpg
 万葉歌碑。志貴皇子の逝去されし折、笠金村が作った挽歌だそうです。

 re1270.jpg
 石仏と紅葉。

 re1271.jpg
 境内からは奈良市内が一望できます。

 re1272.jpg
 あ… 本堂を撮り忘れた… こちらは「御影堂」

 re1273.jpg
 STYLUS XZ-2
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント