2015/10/05

仮面ライダー龍騎

 Huluにて『仮面ライダー龍騎』を25話まで見終えました。
 昨日の『仮面ライダーゴースト』の記事でも書きましたが、演出が渋いです。今の『ライダー』と比較して都会的で洗練された、大人の「特撮」という感じがします。
 放映されたのが平成14年から15年にかけてということで、今から12年も前の作品ですが、スピード感もあって飽きさせない展開にびっくりしました。正直な感想としては「今の『ライダー』よりも面白いじゃん!」です。
 ただ今(視聴中のエピソードでは)、仮面ライダー王蛇こと、浅倉威が大暴れ中なんですが、こんな奴がライダーとは! 当時のちびっ子たちにとってもショックだったでしょうね。そのちびっ子たちも今や中学生や高校生ですか… その精神発達に変な影響が出てなければいいが… 北岡秀一や芝浦淳が登場した時も「嫌な奴」という印象を持ちましたが、浅倉威には敵わないですな。極悪非道のライダーです。
 主人公の城戸真司君ですが、最初は頼りない兄ちゃんでしが、徐々に成長中で、同僚の島田嬢に「らしくない」と言われるまできりっとしてきました。後半においてどのように成長していくか、非常に楽しみです。それと、秋山蓮君ですな、真司君に感化され、人間的な情愛が育まれつつあり、こちらは表情が柔らかくなりつつあり、これも見ものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント