2015/08/15

8月15日に思う

 清宮君や錦織君は頑張っているんですけどね…
 安倍さんの作文は点数低めだと思いました。

 『日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。』と過去の戦争を美化して見せたり、『欧米諸国が、植民地経済を巻き込んだ、経済のブロック化を進めると、日本経済は大きな打撃を受けました。その中で日本は、孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと試みました。』と侵略行為の因を欧米による圧力に求めたりする辺りには、彼の本音が見え見えです。
 『満州事変、そして国際連盟からの脱退。日本は、次第に、国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした「新しい国際秩序」への「挑戦者」となっていった。』… ここでの「挑戦者」という言葉の選び方も挑戦的だと思います。
 そして、後半になってやたら出てくる『この胸に刻み続けます。』… 刻んだだけではねえ… 何故素直に「反省」という言葉を使えないのか。真摯に過去の歴史に向き合い反省をした上でなければ、続く『だからこそ、我が国は~してまいります。』が重みをもったものとして読み手に伝わってこない気がするのですが。

 まあ、安倍君の史観からすれば本当に書きたかったことは別物であり、いやいや発表した作文であーだこーだ言われるのは不本意でしょうね。

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント