2015/05/05

機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル


機動戦士ガンダムTHE ORIGIN Ⅰ Blu-ray Disc Collector's Edition(初回限定生産)機動戦士ガンダムTHE ORIGIN Ⅰ Blu-ray Disc Collector's Edition(初回限定生産)
()
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN

商品詳細を見る

 もうそろそろガンダムは卒業しようと思っていたのですが・・・ ついつい買ってしまいましたよ、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル』を。 ま、初回限定版までは手が出ませんでしたが・・・
 やはり、ファースト・ガンダムのストーリー呪縛からは逃れられないのですなあ・・・ 青春の日々、そして中年の日々の記憶と強く結びついてしまっているから。
 さて、お話ですが、
 
 宇宙世紀0068年、彩度、ムンゾ自治共和国。宇宙に進出した人々の革新を説き、地球連邦政府からの完全独立を宣言しようとしたジオン・ズム・ダイクンは、議会壇上で演説中に突如倒れ、帰らぬ人となった。ダイクンの死後、ザビ家陰謀説を唱えるダイクンの側近ジンバ・ラル。しかし、サイド3、ムンゾの実権を掌握せんとするデキン・ソド・ザビ率いるザビ家の暗躍は加速していく。

という内容です。初回特典としてザビ家の次男坊、サスロが登場し、すぐさま爆死します。まあ、他の兄弟と比べると印象の薄い人物なので、仕方ないかな・・・と思いました。日本贔屓のギレン様に若々しいキシリア様、そして不死身のドズルさんと、ザビ家の面々が生き生きと動き回っているのを見ると、嬉しくなってしまいますな。昔はあんなに嫌っていたのに、今や、私はザビ家に心酔してます。まあ、ミネバ様・命から行き着いた結果ですが・・・ 一応「ジーク! ジオン!!」であります。
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント