2014/12/02

胃カメラ飲んできました。


【新赤本】第六版 家庭の医学【新赤本】第六版 家庭の医学
(2008/10/20)
総執筆者数170名

商品詳細を見る

 ちょっとした成り行きから胃カメラを飲むことになりまして、昨日飲んできました。
 ここのところ、介護疲れが溜まってきたようで、どうも胃の調子がよくありません。もたれるというか、重だるいと言うか… そこで、診てもらったところ「胃カメラで見てみますか!」と言われ、思わず「いいとも!」と応じてしまいました。そこでは「鼻から入れる胃カメラ」を売り物にしており、「口から入れる」のより、抵抗がない(?)そうなので「いける」だろうと高をくくったわけです。
 結論から申しますと、「異常なし」でした。この結果を得られたのですからよかったのですが、「もう二度と飲みたくない!」と強く思う体験となりました。あ、出勤の時間になってしまった… つづく。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント