2014/08/08

MM9―destruction―


MM9―destruction― (創元SF文庫)MM9―destruction― (創元SF文庫)
(2014/07/30)
山本 弘

商品詳細を見る

 「MM9―destruction―」読了。
 行き着くところまで行ってしまったので、続編は望めそうもありません。いや、第2、第3の侵略者は出現するかも… でも、5年や10年のサイクルで「ヒメ」が復活してもね… 
 物語としてのリアリティは前作の方が上でしょう。大怪獣が6体も出てきて一大決戦が始まるのに、被害は恐ろしく限定的なんであります。首都東京が主戦場であった「MM9―invasion― 」では、怒涛の「怪獣VS人類」戦が繰り広げられたのですが、今回は…人類は傍観者扱いで、そこら辺りに切迫感が出てこない理由がありそうです。圧倒的な侵略怪獣に蹂躙される都市、必死に抵抗するもズルズルと後退を余儀なくされる人類、というシチュエーションがやっぱり欲しかったなと思います。
 そして… 「ヒメ」復活のスイッチが王子様のキスというのは、メルヘン過ぎませんかね…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント