2013/11/30

アイソン彗星消滅のようで・・・


アイソン彗星 観察・撮影 徹底マニュアル (SEIBUNDO Mook)アイソン彗星 観察・撮影 徹底マニュアル (SEIBUNDO Mook)
(2013/10/29)
天文ガイド編集部

商品詳細を見る

re507.jpg
 (SIGMA DP2 Merrill)
 国立天文台のサイト情報によりますと、
「アイソン彗星は、日本時間の11月29日早朝、太陽に最も接近(近日点を通過)しました。太陽・太陽圏観測衛星SOHOなどの太陽観測衛星の画像によると、アイソン彗星は、近日点通過前の日本時間午前2時過ぎから暗くなり始めました。近日点通過後は、核と思われるような構造がほとんどなくなり、軌道上に広がった細長い構造が淡く輝くのみとなりました。これは核が崩壊した後の破片群、あるいは大きめの塵(ちり)の集団と考えられます。このことから、今後、アイソン彗星が明るい彗星として見える可能性は低くなったと考えられます。」
とのことです。
 非常に残念です。彗星の画を撮るという名目の元、購入した「O-GPS1」の出番は・・・どうなるんでしょうね?
 でもまあ、冬の夜空は星景写真を撮るのはもってこいですし、活躍の場は用意してやりたいと思ってますが。ただね、寒いのが、ね・・・
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント