2013/07/27

ウルトラマンギンガ 「双頭の火炎獣」


ウルトラヒーロー500 11 ウルトラマンギンガウルトラヒーロー500 11 ウルトラマンギンガ
(2013/06/29)
バンダイ

商品詳細を見る

 ウルトラマンギンガ第3話「双頭の火炎獣」を見ました。
 ケムール人「小」活躍。キングパンドンの火炎攻撃の前には能力不足か・・・ 
 限られた予算の中での苦しい制作を強いられていることが、ひしひしと伝わってきました。ミニチュアセットの省力ぶりときたら・・・ でも、そういう部分を演出力で補うことも可能だと思うのだけれど、ドラマとしてのリアリティも力不足か・・・ 前々回の不法投棄の二人組や、前回の追跡魔なんかは動機が明白だったのだが、今回の放火犯人のお姉さんの「寂しかったの・・・」だけでは、「つけ火」の訳が分からないですな。そこら辺の掘り下げはできなかったのでしょうか。
 しかし、ケムール人の「消去エネルギー源」が可燃性であることを使ったネタとか、ウルトラファンの心をくすぐる演出もあり、それなりに楽しめました。
 健太君のカメラストラップ、オリンパスのでしたね。実は私も同じストラップを持っているんですよ・・・ そんなところに共感して、次回の「健太・ラゴン」編を楽しみに待ちましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント