2009/11/30

外事警察~囮(おとり)~

ケースオフィサー〈上〉―警察庁国際テロリズム対策課 (幻冬舎文庫)
麻生 幾
幻冬舎

このアイテムの詳細を見る

 『外事警察』のあらすじは公式サイトでご確認下さい。
 協力者ニケをテロリストに拉致されたことにより、窮地に立たされる住本。焦る彼は、協力者・下村愛子を危険な潜入“作業”へと駆り立てていく… 反発する松沢陽菜… しかし、危険な潜入に「快感」を見出してしまった愛子は… ぐわっは!一番怖いのは下村愛子か!いやいや、内閣官房長官・村松久美も恐ろしいし いやいやいや!「相棒」命と言いながら平気で見忘れ、一方で「外事警察」に夢中な自分が一番恐い
  それにしても、身内に「あなた、誰?」なんて、言われちゃ凹むよな… 今回は女性陣に振り回されて、少々お疲れな住本主任でありました。
スポンサーサイト
2009/11/29

捲土重来だよ!霧彦さん…ガンバ…

W-B-X~W Boiled Extreme~
上木彩矢 w TAKUYA,藤林聖子,TAKUYA,鳴瀬シュウヘイ
エイベックス・マーケティング

このアイテムの詳細を見る

  『仮面ライダーW』第12話『復讐のV/怨念獣』のあらすじは公式サイトでご確認ください。

 まずは素晴らしい脚本を書いた長谷川圭一氏に感謝。スリルとサスペンスとホラーとスピード感と哀愁とを30分に凝縮したエピソードで、「豪華海鮮丼」といった趣でした 満腹っす。
 そして、隠し味としてクイーン&エリザベスの登場までサービスしていただき、もう食べられません…という感じっす。ただ、サンタちゃんは余分だったけど。
 極めつけは「今週の霧彦さん」ですか… 前回はあんなに格好良かった霧彦さん。今回も出だしは最高でした。若菜を軽くいなして、意気揚々と愛妻・冴子さんに自らの発見をご報告。これで、今までの失敗も帳消しとなる… はずだったのに、最後は鬼嫁・冴子さんに冷たく足蹴にされて「そ、そんなぁ…」 (そんなときはシャワーでも浴びてリフレッシュしましょ、霧彦さん…の映像サービスは無しでした
 今回は盛りだくさんすぎて、亜樹子の出番が少なかったのが残念。それと湯島に対するお仕置きがパンチ一発では軽すぎるような気がしました。「女の子を騙すような下劣な男は地獄に堕ちるんだよ」的なオチをつけてほしかったな。
2009/11/28

E-300確保


 ヤフオクにて、「E-300」を手に入れました。発売は2005年の1月という、旧型中の旧型デジイチです。
 なぜ5年近くも前に出たカメラを欲しがったかと申しますと、これが「コダックブルー」を吐き出す機種だからです。コダックブルーとは
 「撮像素子はコダック社製CCDを採用しており、それ自体はコダック社のリバーサルフィルムである「コダクローム」の色彩コンセプトを引き継いでおり、その青色の発色は「コダックブルー」と呼ばれた。」(ウィキペディア・『E-1』解説より)
 というものです。このコダック社製CCDは、オリンパスのE-システム初期の「E-1」「E-300」「E-400」「E-500」の4機種に搭載されており、その中でも「E-300」の色の出方が一番激しいという評判が立っています。
 この評判に揺り動かされて、気が付いたら「ポチ」ってました。
 で、手に入れた機体ですが、総ショット数(下の画像参照)も1807と非常に少なく、
  
 レンズやファインダーの曇り、埃等もありませんでした。これが2万円弱で手に入ってしまう… イケナイ世界に足を踏み入れた感じがします… 物欲の神様が「次はE-1だ!続いてE-3だ!中古をヤフオクで落とせば、安い!安い!」と興奮しているのを感じます…
 それは置いておき、早速撮影大会を開いてみました。
 うーんおかしいなあ… 思ったような色が出ないぜ… それに、やたら設定がしにくいし… 液晶も画面が小さくて見にくいし… E-620より重いし、でかいし… 読み込みも遅いし… どうなる!E-300!
2009/11/26

相棒~フェンスの町で~(ハーフ)

相棒検定 (タツミムック)

辰巳出版

このアイテムの詳細を見る

 書こうか止めようか… 逡巡しましたが、書くことにしました。後半見ただけの「ハーフ」レビューです。申し訳ない…
 『相棒season8』第6話『フェンスの町で』のあらすじは公式サイトでご確認ください。
 
 後半だけ見ると、「厨房いぢめるなよ…」となっちゃう… やっぱり、こういうものは最初から見ないとだめですね。それがよーく分かりました。
 それにしても、何でかな?『相棒』命のはずなのに、こうして見忘れてしまうのは… 愛が足りないのですね… 情けない…
2009/11/25

ファンタジーサッカー第32節は

親子で学ぼう!サッカーアカデミー Vol.1 ドリブルとショートパス [DVD]

バップ

このアイテムの詳細を見る

 90fp獲得しました。それにより、リーグ(ローカルリーグ信越・北陸・東海 )内の順位も400ほどアップ 正直、うれしいっす
 残り2節で大コケしないように、細心の注意で頑張ります! ここ2節は鹿島とG大阪に助けられてきましたが、次節はこの2強が激突するんですよね… 取りあえず、この2チームはスルーして、川崎で勝負をかけてみようか… 
2009/11/25

紅葉狩り


 三連休最終日の23日、愛知県民の森に行ってきました。とびきりの青空を見たら、出不精な私でも出かけたくなったわけです。もちろん、目的は紅葉を撮ること!道が混むだろうと予想して、家を早めに出たのですが、県民の森に着いた時には駐車場は9割方埋まっていました。そして、そこら中に三脚を担いだ人・人・人!そして、その三脚には高そうなカメラと重そうなレンズ… 最初から気後れしてしまいましたよ。 
 それでもぱしゃぱしゃとやって、出来上がりを楽しみにして家に帰りました。
 …結論。紅葉って、撮るの難しいんですね… また一つ勉強させてもらいました。


 
 
2009/11/24

外事警察~協力者~

ドキュメント秘匿捜査 警視庁公安部スパイハンターの344日
竹内 明
講談社

このアイテムの詳細を見る

 『外事警察』のあらすじは公式サイトでご確認下さい。

 遅くなりましたが、NHK土曜ドラマ「外事警察」第2話の感想です。渡部篤郎の「笑い分け」が凄いと思いました。場面、相手によって「笑い分け」ているんですよね… 娘に向けての「優しいパパ」の笑顔、協力者ニケに向けた「哀しげな」笑顔、敵対する倉田理事官に対する「挑戦的な」笑い… その全てに共通するのが「陰影」ですかね。どれが本当の住本という男の本当の姿なのか。今のところ、「公安の生んだ魔物」の片鱗ぐらいしかみせてないのですが、今後その非情の姿がどのように浮かび上がってくるのか、非常に楽しみです。
 それにしても、外事4課(オモテ)の方々の尾行を拝見し、何故かほっとしました。アレだったら私でも尾行に気付くこと可能!
2009/11/23

天地人~愛を掲げよ~

天地人 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)
火坂 雅志,小松 江里子
日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る

 天地人第47回「愛を掲げよ」のあらすじは公式サイトでご確認ください。

 親子二代、眠るように逝かれました。合掌。
  
 大御所様も逝かれました。合掌。最後の最後で「いい人」になっちゃいましたね。兼続を「書物」で誘き寄せた時は「直江状」の件を「今でも虫酸が走る」と毒づいてみせ、「これは最後まで敵役でいくのか?」と思わせ、「それはそれで、三河人の一途さ、頑固さを象徴していてよろし。」と感心したのですが NHKさんは近いうちに「新三河物語」でも大河にしないと、家康の祟りが怖いのでは…
 
2009/11/22

今週の霧彦さん

仮面ライダーW(ダブル) VOL.1 [DVD]

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

このアイテムの詳細を見る

  『仮面ライダーW』第11話『復讐のV/感染車』のあらすじは公式サイトでご確認ください。
 
 車に取り憑いたドーパントが、次々と人間を襲う。その目的は「復讐」… 『怪奇大作戦』を彷彿とさせるようなお話でした。
 (本家『怪奇大作戦』の第22話「果てしなき暴走」が「凶器としての車」というテーマを扱っていて、かなり「ぶっ飛んだ作品」に仕上がっています。お奨めです
 今回の車も、かなりぶっ飛んでましたね。駐車場の壁を突き破って飛んでみたり、タイヤ無しでも走ってみたり、怖いですね~ 
 
 今回の翔太郎君は、「依頼人でもない」「ギャング」を守るべく奔走するのですが、そのことに疑問を持ったフィリップに対して、「でも俺は黒須を守る。たとえ人間のくずでも、この街の人間だ。殺させるわけにはいかないんだ。」と答えています。この意味がチビッコ達に理解できるかな? とにかく重いテーマを背負って、翔太郎君は格好良く風都をバイクで走り回るのです。そんな彼を「馬鹿は風邪をひかない」とか「馬鹿は高いところが好き」とか、言いたい放題の亜樹子&フィリップ… いいトリオになってきました 平成の仮面ライダーシリーズ中、屈指の名トリオだと思います。このままの三人で最後まで引っ張って行って欲しいです。
 で、今週の霧彦さん。シリアス霧彦さんでした。がっかり… お茶目な霧彦さんを見たいのです。
 も一つ、今週のドーパント。バイラス・ドーパントでした。「Viras 」(ガメラに出てくる怪獣)ではなくて、「virus 」(ウイルス)の方ですね。そのお姿も、如何にもウイルスという感じで、禍々しさが出ていてナイス
2009/11/20

ボログの誕生日

 今日は、本ブログ『ガヴァドンなボログ』の誕生日です。
 日頃ご愛顧頂いている皆様には、厚く御礼申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。

 私としましても、もう少し祝賀ムードで盛り上げたいのは山々ですが、そうも言っていられない事情が発生致しましたので、今日のところはこれで切り上げさせて頂きます。