2007/11/30

生活保護費引き下げ・・・そんな勇気があるなら大企業増税を!

誰も書かなかった厚生省
水野 肇
草思社

このアイテムの詳細を見る

 
生活保護費の見直しを議論していた厚生労働省の検討会議(座長・樋口美雄慶応大商学部教授)は30日、生活保護費のうち食費など日常生活にかかわる「生活扶助基準」の引き下げを容認する内容の報告書をまとめた。生活扶助基準の引き下げは、同基準と連動している低所得者向け低利貸付などの福祉施策や最低賃金にも影響する。厚労省は来年4月実施を目指すが、具体的な引き下げ額については「慎重に検討する」としている。(毎日新聞)

 まず申しておきますが、酔っております。酔っているからこのニュースに腹が立つのか、このニュースに腹が立ったから酒をあおったのか、今となっては判然としません。
 いずれにせよ、腹の立つ話ですよね・・・詳しい記事内容によりますと、「生活扶助基準が、生活保護費を受けていない低所得世帯の消費実態に比べて高めだとの指摘もあり、見直しを検討してきた。」だそうな。そんな指摘をしたのは誰なんですかね?いわゆるワーキングプアの問題の解決は棚上げにしたまま、先に生活保護の「切り下げ」を決めてしまうあたりは、さすが厚生労働省お抱えの検討会議ですな 「夫婦と子供1人の低所得世帯の月収は14万8781円だが、生活保護世帯の生活扶助費は1627円高い15万408円だった。」・・・あのね、働いても15万にもとどかない層を何とかしろよ!そっちが先だって分からないお役人と社会的弱者の痛みも知らない与党の先生方には鉄槌を!と思ってしまいます。
 本当に・・・この国はどこに行ってしまうのでしょうか・・・
スポンサーサイト
2007/11/29

風の果て~果たし状~

風の果て〈下〉 (文春文庫)
藤沢 周平
文藝春秋

このアイテムの詳細を見る

 「風の果て」第7話のあらすじは公色サイトでどうぞ。

 守屋さんも、はじめは桑山又左衛門みたいな理想や正義を持っていたのかな・・・それが権力の極みにあって、「金の力のみを盟友の印と頼む」商人達との繋がりの中で「見るべきもの」を見失って行ったか・・・
 清濁併せ呑む「器の大きな」人間を目指して、いつの間にか濁流にのまれていく人間の、何と多いことか!歴史は繰り返すとよく言いますが、今も昔も、そして未来も、人間の営みは変わらないのだなあ・・・と、つくづく思い知らされました。
2007/11/28

ファンタジーサッカ第33節は

2008年 サッカー日本代表オフィシャルカレンダー(壁掛け)

プロモーショナル・パートナーズ・ワールドワイド

このアイテムの詳細を見る

 速報でもお知らせしたところでありますが、確定ポイントも伸びませんでした ボーナスも入れて82fpで、リーグ内順位は200位も下がってしまいました。でも全体では160位ほど上がっているのがご愛嬌ですか
 さて、次節はいよいよ最終節となります。これはもう、浦和で固めるしかないでしょうね・・・横浜FCサポーターには悪いのですが・・・横浜FCとしては名古屋に0対0で引き分けた勢いに乗り、最終戦で浦和を撃破して来年に繋げたいところでしょうが、優勝のかかった浦和では相手が悪すぎますよね 
2007/11/27

やると言ったら、やる!

誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡 (集英社文庫)
木村 元彦
集英社

このアイテムの詳細を見る

 本日、ドラガン・ストイコビッチ氏が名古屋グランパスエイトと、監督就任の仮契約をしました。その発表記者会見の席上、ピクシーは言ってくれました。
 「ストイコビッチはやると言ったら、やる!」
くー!こんな力強い宣言は無いですぜ!さすが、ストイコビッチ!来期のグランパスに注目ですな 監督経験も無い男に何が出来る?とか、ピクシーはすぐ頭に血が上る男だから・・・とか、前評判は決して高くないのですが、考えてみれば今のグランパスに一番欠けているのは「闘争心」でしょう。それを注入するのに最適な人物は、やっぱりストイコビッチしかいないんですよ!
 もちろん、結果が出るまで暫くは「」の字のお世話になるかもしれませんが、フロントもピクシーに白羽の矢を立てた以上はしっかり支えていって欲しいものです。かく言う私、最近グランパスに冷たかったと自己反省します その上で来期はグランパスをしっかり応援していきたいと思います。

 さて、サッカーの話題をもう一つ。次の日本代表監督は岡田武史氏に決まりそうですね。実績から言っても妥当な線かなとも思いますが、いまいち、インパクトに欠ける感がありますな 岡ちゃんなら、こんな感じかな・・・とやることが見えてきてしまうんですよね。やることなすこと、協会やマスコミをヒヤヒヤ、ヤキモキさせるような「奇人性」がないと今の日本サッカーをワールドカップに連れて行くのは難しいような気がするのですが・・・
2007/11/26

風林火山~決戦前夜~

風林火山 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版
日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る

 第47回「決戦前夜」のあらすじは公式サイトでご確認下さい。

 「風林火山」の主人公って上杉政虎さんでしたっけ?と、ぼやかずにはいられない方が大勢いるのでは いや、それよりもGacktが大河を乗っ取った!と喜んでいる人の方が多いのか 何にしてもGackt・Gackt・Gackt・Gackt・Gacktな1話でした。成田長泰を鞭打って男を下げたかと思いきや、自らの非を潔く認め、かつ更に自らを高める糧としてしまう姿には、「市川・信玄は決戦を前にして、すでに負けたな・・・」と思ってしまいました。ごめんなさい
 蔵之介・幸隆の坊主頭は格好いい。内野・勘助も渋い。でもね、市川・信玄の入道姿は・・・はっきり言って貫禄不足ですな。そういう意味で、Gacktの長髪&ブーツ、そして長刀を振り回しての大見得は見る者を引き込む魅力に溢れていました。あんなのを見せられたら、男だって女だって、付いて行きますぜ。

 
2007/11/25

いいね、いいね、凄いね!

ちびボイス 仮面ライダー電王 (BOX)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

 電王第42話「想い出アップデート」のあらすじは公式サイトでご覧下さい。

 翔子ちゃん、サイコー!なお話でした。「明日がなくても今日を頑張り昨日をいいものにする」そんな生き方は、人々の記憶の中から自分が消えてでも今を懸命に生きようとする侑斗を応援するものでした。しかし、侑斗が変身することにより、そんな翔子ちゃんの記憶から侑斗は消えてしまう 「ああ、せめて一言でいい。侑斗のことを記憶に留めている事を示唆して欲しい・・・」無理とは分かっていても、そう願わずにいられませんでした。
 でも、悄然とする侑斗をミルクディッパーに連れて行き、良太郎が見せたのは、「桜井君用」レシピを大切そうに見つめる愛理姉さまの姿でした。 ああ、大丈夫だ!侑斗さえ忘れなければ、愛理姉さまも翔子ちゃんも、いつかきっと君の事を思い出す日が来る!そう思いましたね、私は。
 
 それにしても、オクト イマジンの最後っ屁は凄かったですな。千切れた触手が取り憑いたレールは、キングライナーまで引っ張り出しての総力戦を強いる破壊力!そんな力があるのなら、最初から出せよ 本来、桜井氏を抹殺するのが目的であったはずなのに、あれだけの力を持っていながら、かすり傷一つ負わすことが出来なかったとは・・・オクト君は強かったのか弱かったのか・・・どっちだ?

 まー、何にしても、あれですよ、今回のお話は電王の中でも1、2を争う名作エピソードだったと私は断言したいと思いますよ!
 
2007/11/24

ファンタジーサッカー第33節速報

 今日は職場の日帰り旅行で名古屋に行ってきました。女性陣の凄まじい買物ぶりに圧倒されました。明日は4時起きで山登りに行ってきます。ハードなスケジュールになっております。で、本当はゆっくりURTRASEVEN Xを見てレビューしたいところですが、それは後日にとっておきます。
 これで終わるのも何ですので、ファンタジーサッカーネタを軽く。今節は全試合が今日の昼間にあったため、暫定の獲得ポイントが出ております。我がチームのポイントは57fpでした。むむ・・・結構堅いところを選んだつもりだったのですが、伸びませんでした。まさか浦和が負けるとは・・・0対0で引き分けと踏んでいたのですが。それと名古屋!まさか横浜FC相手に1点も入れられないとは!ピクシー次期監督も歯がゆかったでしょうね・・・ 
2007/11/23

ピクシーがやって来た

“Pixy”―ドラガン・ストイコビッチ写真集
玉木 正之,セルジオ 越後,後藤 健生,石島 道康
アリアドネ企画

このアイテムの詳細を見る

 今日は一日、このブログ、タイトル画像の変更に費やしました・・・何度やっても、同じ画像が繰り返し表示されるという形になってしまい、あれやこれや、あれとかこれとか、色々と試しているうちに夜になってしまいました・・・ (まあ、その間、録画しておいた『もやしもん』を見たり、リネージュをプレイしてみたり、庭掃除をしてみたりしていたんですけど。)
 それもまあ、何とか解決して、ご覧のように新しい画像を貼り付けることに成功しました。一応、解説しておきますと、画面右隅のデカイ面は『実相寺監督指人形』さんです。戦車たちはWTMとマイクロアーマーたちです。両者の関係は・・・特にありません本当は監督の右横にウルトラセブンのアンヌ隊員指人形がいるのですが、切れてしまいました 残念です
 話は変わりまして、本日、ストイコビッチ氏が来日しました。たぶん、名古屋グランパスの来期新監督になるでしょう。興行第一主義のグランパスフロント陣が客寄せパンダにするために引っ張ったとの噂です。で、氏の手腕は未知数、監督としての力量を疑問視する向きが多いのですが、どうでしょうね。同じ名古屋を本拠地とする中日ドラゴンズは、監督経験の無かった落合氏を監督に据えて短期間に日本一のチームを作り上げました。同じサッカーJリーグの浦和レッドダイヤモンズはかつてチームで活躍したスタープレーヤーブッフバルト氏を監督に迎え、黄金期を作り上げました。一度あることは二度ある・・・とはまいりませんかね?私は期待しているのですが・・・
2007/11/22

風の果て~最後の敵~

風の果て〈下〉 (文春文庫)
藤沢 周平
文藝春秋

このアイテムの詳細を見る

 「風の果て」第6話のあらすじは公式サイトでどうぞ。
 
 どこで、誰がボタンを掛け違えたのか・・・ 杉山忠兵衛が桑山又左衛門を甘く見すぎたのか。いやいや、杉山が又左衛門の力を警戒したところから話が変な方向へ動いていったのではないか。まて、忠兵衛が桑山の力量を正当に評価していれば、自らの与党とするのにもっと力を砕いたはずではないか。
 いずれにせよ、友を自らの出世の道具として利用する事しかしなかった報いを杉山家老は受けずにいられなかったという事。そのような状態に、彼を落としたのが権力というものの怖さか・・・ 本当に勉強になりました・・・
2007/11/21

ファンタジーサッカー第32節は

イビチャ・オシムの真実
ゲラルト・エンツィガー,トム・ホーファー,平 陽子
エンターブレイン

このアイテムの詳細を見る

 獲得ポイントは108fp、リーグ内順位を450ほど上げることができました。ファンタジーサッカー研究室さんの獲得ポイント分布によりますと、平均は93.22fpとのこと。お蔭様で今回も勝利宣言をさせていただくことができたようです 
 今回の勝因ですが、(横浜FCサポーターの方には申し訳ないのですが)新潟勢を適所に配置できた事に尽きるでしょう。FWのエジミウソンの15fpをはじめ、全員高得点を取ってくれました。

 さて、話は変わりますが、オシム監督の入院を受けて、後任監督問題がマスコミを賑わせているようですね。驚いたことに、下馬評の中にはピクシーの名もあがっているとのこと。私も冗談でその名をあげてみました(不謹慎であったと反省してます・・・)が、まさか真剣に検討の対象になっているとは!驚きです 中田も問題外ですよね。旅行中とかそういう問題じゃないでしょう