2006/10/31

kaiyodo.net更新

リボルテック No.14 イングラム2号機

海洋堂

このアイテムの詳細を見る

 kaiyodo.netが更新されました。前回の更新から半月、最近のサイクルからすると早いですね。
 内容は「リボルテック」と「アフタヌーン付録の乳揺れ胸像」の2題ですか・・・ちょっと寂しいですね。リボルテックはフレンドショップ限定商品が出るそうです。協賛店をてこ入れするための企画てのは、過去にもニンテンドーさんやユージンSRさんなんかでやってたので、新鮮味はありません。しかも、リボルテックは集めてないし・・・とか言いながら、近所の店をチェック。「おもちゃのピッコロ インター店」「ジョーシンアクロス豊川店(2F)キッズランド」「ハッピー ストーク」「ホビーステーション豊橋店」を確認。どこもおなじみさんでホッとしたリして・・・  買う事はないのにね。(でも、万が一と言う事はあり得るし)
 それにしても、アニマテイルズの新作情報がなかなか出てこないのが気になります。食玩という形に拘らず、何らかの方法で継続して行って欲しいところですが・・・
スポンサーサイト
2006/10/30

功名が辻~決戦へ~

 「功名が辻」第43回のあらすじは公式サイトでご確認下さい。

 「功名が辻」のレビューを書こうと思ったのですが、思うように指先が動きません・・・やっぱり西軍がすきだ~からでしょうか・・・
 それと、小山評定に時間を割きすぎ、っていうのもつまらなかったですね。まあ、主人公一豊が「歴史の表舞台」で名を残した晴れ姿とも言えなくはない場面ですから、仕方はないのですが。それにしても、一豊、格好が良過ぎだったような・・・  実際に、あんなに堂々と家康に迎合したのでしょうか?少しでも後ろめたさや気恥ずかしさが出れば、見ているこっちも「一豊君、大変だね・・・」と感情移入できたのですが、あんなふうに格好良くやられてはね・・・
 家康や三成の描き方にも元気がないですな。「本能寺」前後の凝った演出は影を潜め、それぞれ類型的なキャラクターになっている感じがします。三成の「剃刀の切れ」をもっと見せてほしかったと思います。(ここまで来ては、もう望み薄です・・・)
 あー、もうだめ、書く事がありません。次回に期待ということで、おやすみなさい。
 
2006/10/29

神代剣、失恋す

仮面ライダーカブト ライダーヒーローシリーズK13 仮面ライダーカブト (ハイパーフォームクロックアップモード)

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

 麗奈さん特集第1回。久々に大介君が出てきたと思ったら、麗奈さんとラブラブに。ついでに加賀美君と岬さんもラブラブに。更に樹花ちゃんも?許さん!それだけは絶対に!
 第39話のあらすじは公式サイトでご確認下さい。

 取り乱してしまいました。突然、
 「だって、好きな人が出来たから・・・
なんて言われた日には、パニックにならない方がおかしいですぜ  総司兄ちゃんも、声が裏返るうろたえぶりでした。
 「なにィ この日が来たのか・・・どこの誰だ どんなやつだ えーぃ、面倒だ 今すぐここにつれて来い
 「違うよ、私の事じゃないよ。友達の事だよ。もう、お兄ちゃんの早とちり!」
 「それを早く言えよ・・・」
うーん、久々に総司君がコントやりましたね・・・ここのところ、ノリが悪かったから、新鮮な感じがしましたよ。それにしても、樹花ちゃんはお騒がせです。友達の好きな人っていうのが、神代剣で、次の「腱鞘炎ギャグ」に続くのでしょうか?相変わらず本筋と離れたところでギャグを飛ばす剣君ですが、今回はとうとう失恋してしまいましたね 

 「ミサキーヌ、見てくれ!君のために俺はかけそば専門の屋台を始めた。客は限定一人、君だけだァ」と勝負に出た剣君でしたが、
 「ごめんなさい、私、これからデートなの。」
 「もちろんだ。さあ、俺の屋台で愛の世界に旅立とう
 「違うのよ、加賀美君とデートなの。私達、付き合ってるんだから。」
 「えっ?
 「もうー、すっごいら・ぶ・ら・ぶなの・・・ね・・・」
 「あー、そうそう、そりゃもう、すっごいら・ぶ・ら・ぶ
 「ラブラブ
 「ラブラブ
 ショックで、足が地に着かない剣君。心も足も空回り・・・この後、剣君がどうなるのか、心配ですね。もしかすると、矢車&影山の待つ、闇に堕ちていくのか・・・

 その矢車と影山、こちらも何のために出てきたのか不明なワンシーンで登場。仲良く「兄弟ラーメン」を食べてました。「兄貴・塩」と「弟・味噌」ですか・・・このワンシーンのために、小道具さんが作ったんですね・・・ご苦労様です。それにしても、いくら闇に堕ちた二人でも、ゴミ捨て場となっている橋の下で、わざわざラーメン食わなくてもいいんじゃないの?  もしかして、二人はあそこでホームレスな生活をしているのでしょうか?
 
 本筋に戻って。間宮麗奈の青春って、プチ「ガラスの仮面」みたいな世界でしたね。せめて、晴れの舞台に出して歌わせてやって欲しいですね・・・そうでなきゃ、彼女、浮かばれないよ  そうそう、小林恵子ちゃんのように切り捨てられては、ね・・・浮かばれないよ・・・
 
 緑の石の不思議な力、そしてダークカブト、クリスマス商戦の中、ますます謎が深まり、盛り上がっていくカブト。でも、次週はお休み・・・許せん!

 
2006/10/28

ウルトラマンメビウス~ メビウスバーニングブレイブ ~

ウルトラマンメビウス ウルトラヒーローシリーズ2006 06 メビウスバーニングブレイブ

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

 メビウスが、一気に教官を越えてしまいました。そんなことして大丈夫かいな・・・
 あらすじは公式サイトをご覧下さい。

 今話において、私が一番注目していたのは、サコミズ隊長だったのですが、さすが隊長、ボロは出しませんね・・・タロウとアイコンタクトを取っていましたが、それ以外はぐっと抑えていましたね・・・  その分、リュウが大活躍でした。

 「そっか・・・帰って来いって、言われたのか・・・」
 「今度の敵と戦えば、僕は命を落とす・・・はっきり、そう言われました。僕じゃ、地球は守れないんです!・・・僕は、戦いたい!」
 「なあ、何でお前は・・・いや、ウルトラマンは、そんなにまでして、地球を守ってくれているんだ?」
 「僕が生まれるずっと前の話なんですけど、ウルトラマンは人間と同じ姿だったんです。
 「今だって、お前、人間と同じ・・・」
 「僕は人間の姿を借りているだけです。ウルトラマンの力を使って・・・ある時、偶然に僕らの一族はウルトラマンの力を手に入れました。それは決して望んで手に入れた力ではありません。でも、力を手に入れたということは、果たすべき何かがあるはずだって、考えたんです。」
 「果たすべき・・・何か・・・」
 「守れるものがあるはずだって・・・」

 キラ!
 
 「あれが、僕のふるさと、ウルトラの星です。」
 「ウルトラの星・・・」
 「ウルトラの星は、地球から三百光年離れた場所にあります。つまり、今ここから見ている、あの輝きは、まだ僕らの一族が人間だったころの輝きなんです。もう絶対に戻る事のできない・・・人間だった頃の・・・」
 「じゃ、ウルトラマンは、大昔の自分達の星をこの地球にダブらせて、地球のために命を賭けてくれていた・・・って言うのか・・・」

 いや~、衝撃の事実ってやつですね・・・ウルトラの星に何があったのか・・・今後、明らかにされていくのでしょうか?すごく気になります。それと、ウルトラの星・・・昼間でも見えるんですね・・・「君にも見え~る、ウルトラの星」というのは本当だったんですね・・・

 完全再生を果たしたインペライザーの強い事!ストリウム光線も、ウルトラダイナマイトも効かず・・・こうなったら、メビウスが出るしかないじゃないか!そこで、リュウの応援演説。
 「ミライ・・・お前はGUYSのクルーだろ。地球を守るのが、俺たちGUYSの仕事だ。今お前がやんなきゃなんねえのは、俺達といっしょに戦うことのはずだ。けど、絶対に忘れるな。俺達が今まで、何のために命を賭けて戦ってきたか。また、笑顔で会うためだぜ・・・仲間に・・・絶対、絶対に生きて帰って来い!約束だぞ!」
 約束通り、生きて帰ってきましたね  しかもタロウ教官を遥かに越える力を身につけて・・・短期特訓もせずに・・・  メビウスバーニングブレイブですか・・・特訓もなしに変身しちゃうなんて、ずるいと思いますが・・・  
 かくして、ミライは地球にとどまる事になったのですが、正体がばれてしまった中で、今後どのように人間界で生きていくのか。周囲の人々はどう、接していくのか。非常に興味深いですね。それと、いつ、「メビウスバーニングブレイブ」の指人形が出るか!楽しみです
 
 
 

 
2006/10/27

超こち亀

超こち亀

集英社

このアイテムの詳細を見る

 『こち亀』のジャンプ連載30周年!を記念して、『超こち亀』なるムックが発刊されています。9月に第1刷が出るとたちまち売り切れ、その後増刷が続き、私も今週になってようやく手に入れることが出来ました。
 この本、「こち亀」ファンは当然買うでしょう。しかし、恐ろしいコラボ企画や特別寄稿があって、その他の漫画家をご贔屓にしている人も是非買うべきなのです。かく言う私は相原コージ氏の寄稿した「両さんと麗子の風船釣り」を読みたくて、2100円を出しました  とにかく、錚々たるメンバーが30周年を祝って、漫画を描いています。やなせたかしやちばてつや、一条ゆかり、水野英子まで描いているのにはビックリします。興奮です
 コラボ企画では、「ゴルゴ13」やドラゴンボールの「フリーザ様」、「ルパン三世」「キン肉マン」も登場して、こち亀ワールドでばか騒ぎを繰り広げています。これも興奮です。「こち亀」が30年も続いたからこその企画であり、その偉業を称えるに相応しいムックだと断言してよいでしょう。とにかくこれは買いです。
 
2006/10/26

ファンタジーサッカー第28節を振り返って

JリーグオフィシャルDVD Jリーグ2005シーズン年鑑-スターズ!

日活

このアイテムの詳細を見る

 J1・28節は、大荒れでしたね・・・鹿島は負けるわ、磐田も負けるわ、千葉も負け・・・浦和VS川崎がどうなるのかと、皆が固唾を飲んで見守ったら、お互いに譲らずに引き分けでした。
 当然、ファンタジーサッカーの方も大荒れでした。「ファンタジーサッカー研究室」の獲得ポイント分布を見ても、ピークが45~49fpですからね!こんなのは初めてです。
 我がチームの獲得ポイントは、今節57fpでした。こんな数ではかなり順位が落ちただろうと覚悟してクラブハウスのシーズン成績を覗いたら、何と、順位が265も上がっていました。こんな事もあるんですね・・・
 やっぱり、G大阪の負けが響いたのでしょうね。G大阪は、遠藤が戻ってくるまでは、手を出さない方がよさそうですね。うーん、そうなると、どこに賭けるべきか。次節(第29節)は川崎Fで間違いないと思うのですが・・・「窮鼠猫を噛む」という言葉もありますし・・・G大阪の二の舞となると、怖いし・・・ここが正念場なので、しっかり考えないといけません。うーーーーーん・・・・・
2006/10/25

今月のフィギュア王~ナンバー105~

フィギュア王 No.105 (105)

ワールドフォトプレス

このアイテムの詳細を見る

 本日発売のフィギュア王?105、特集は『東映アニメーション半世紀の軌跡をたどる 本邦初・秘蔵のフィギュア誌上大公開』(長!)です。東映アニメーションが創立50周年だそうで、それを記念しての特集だそうな。目玉は蔵出しの「作画参考用のクレイモデル」写真。これを元にフィギュア作ってくれないかな・・・
 私のような年代の人間にとって、懐かしい作品のオンパレードです。「西遊記」「わんわん忠臣蔵」「ホルスの大冒険」「長靴をはいた猫」「空飛ぶゆうれい船」なんて、夢中になって見ましたよ・・・(ただし、ほとんどテレビにて・・・それと小学校講堂での映画会にて) 特に「空飛ぶゆうれい船」の、飲むと体が溶けてしまうボアジュースは、インパクトがありましたね・・・アレを見て以来、コーラを飲むと骨が解けるという「イメージ」を、完全に刷り込まれてしまいました。 
 テレビシリーズは「狼少年ケン」に始まって、「風のフジ丸」「宇宙パトロール・ホッパ」「「ハッスルパンチ」「レインボー戦隊ロビン」「海賊王子」「魔法使いサリー」・・・全部見てましたぜ  小学校低学年の頃は、学校から帰ると、まず近所のガキ共とチャンバラごっこをして、夕方になるとテレビの前に座ってアニメ(当時はテレビマンガと呼んでいた)三昧だったなあ。そうか、みんな東映動画が作っていたんだ・・・
 とにかく、どれも懐かしいキャラばかりです。こういう特集はうれしいですね。

 今日(10月25日)は『月刊アフタヌーン12月号』の発売日でもありました。当然、フィギュア王と一緒に購入しました。お目当ては、勿論「げんしけん・大野加奈子ぷるぷるフィギュア」でした  で、今月の「海洋堂魂」では来月号アフタヌーンの「誌上限定応募者全員サービス」として「げんしけん・荻上千佳ぷにぷにフィギュア」が紹介されています。貧○荻上をどうフィギュア化するのかと楽しみにしていたら、『触感ギミック』ときました!いやはや・・・なんと申しますか・・・来月号も買わなくては・・・面倒だけれど、応募しなくては・・・  こうなると、春日部さんや漫研の加藤さんのフィギュアも希望したいところです。
 
 
2006/10/24

東三河の山々~舟着山(427m)~

 先週土曜日に、新城市東方に位置する舟着山に登ってきました。地元の山であり、アプローチについても、行き慣れた道を使うので、簡単に登れるだろうと高をくくっていたのですが・・・甘かった・・・

 まず、登山口までの行き方ですが、新城市内から弁天橋を渡って県道69号線を北上、「新城広域クリーンセンター」まで行きます。クリーンセンター前で右折し、林道に入ります。滝ノ入沢左岸に付けられた未舗装の林道を車で行く事1、2分で不動明王の赤い旗が目に入りますので、そこの道脇に車を止めます。(この先、橋のたもとにも数台分の駐車スペースがあります)
お不動様近くのスペースに車を止め、歩く事数分で橋を渡り、沢の右岸沿いに、更に5分ほど歩くと林道は終わり、その先は山道となっていました。今回は地元の山だからとなめて、「こんなに楽しい愛知の山100山」(1989年発行!風媒社)というガイドブックだけを頼りに入ったのですが、この本には簡単な概念図しか載ってなかったため、この道は違うのではないかと不安になり、また車を止めた方に戻るなどウロウロ・・・30分ほど時間をロスしてしまいました。結局、この山道に入り、10分ほど暗い谷筋を進むと(途中、枝道が2本ほどあります。注意!踏み跡のしっかりした方を進めばOK)小さな作業小屋の前に出ました。

   青いトタン張りの作業小屋
 ここを右折してトラバース道を2分ほど行った尾根上で左折し(朽ちかけた道標が目印。これを見落とさない事。)

   直登への曲がり口
急坂を15分ほど登ります。すると突然、真新しい林道に出ました。今年の2月に完成したばかりだそうで、記念の石碑が建っていました。ここで休憩。
 切り通しの側面に階段が作ってありましたので、それを登っていけば山頂への道があるかなと登ってみると・・・道はありませんでした。仕方ないので、稜線を目指して高い方へと10分ほど強引に登っていったところ、尾根道に出ました。(ちゃんとした道について・・・林道を西方向に5、6分下っていくと、左側に階段がついたポイントがあります。この階段を上がると頂上へと続く道があります。)この道を登り方向に3分ほど進むと山頂でした。山頂は狭く、その狭い中に木製のベンチやら登山記念の記帳ノートが入ったポストが設置してあります。周囲は低木が茂っており、展望は利きません。でもこじんまりとした雰囲気の中に里山の頂上という風情が漂っていて、不思議と心が落ち着くスポットです。

   舟着山・山頂

 追記・・・舟着山の登山道については、諸説あって、「これが定番!」というものがないようですが、何にしても「青いトタン張り作業小屋」が一つの目印です。 これを見つけることができれば、心理的にも安心です。
2006/10/23

関ヶ原前夜~ガラシャの魂~

関ヶ原〈中〉

新潮社

このアイテムの詳細を見る

 結局、関ヶ原に五週を費やしそうですね・・・でも島左近も大谷吉継も出てきませんね。寂しいです
 第42回のあらすじは公式サイトでご確認下さい。

 島も大谷も真田親子も出てこないのですが、今回は細川ガラシャにぐぐっと迫りました。この辺りに大石脚本の狙いが見えてきますね。光秀-玉ラインの生き様、市-茶々ラインの生き様、ここらが「功名が辻」のキモなんでしょう(と、今更・・・)  
 二度にわたる千代の説得工作にも耳を貸さず、死のみを思いつめる玉・・・
 「逃げることは、父を信じる事を捨てるということにございます。」
 「人を愛するとは、不思議なものです。激しく奪うことでしか愛を示せぬ人もいるのです。されど、愛することには変わりはないのです。」
 「父光秀は豊臣に敗れし者・・・我が身もまた同じ。豊臣の手にかかり、あの世でまた父とも仲良くまみゆることが出来ましょう。」
何か、染みるセリフばかりですな  今回は長谷川ガラシャと嶋田久作演じるところの小笠原少斎が美味しいところみんな持って行っちゃいましたね・・・嶋田さん、こういう役やらせると絶品です  介錯シーンでのやり取りは凄みがあって、はせきょーの棒読みが却って場の緊迫感を盛り上げていたように思います。で、きゅーさくの目が恐い
 
 主人公千代殿も、今回は大活躍でした。大坂城に移れと催促された時の
 「わたくしにとって、夫は天地ただ一人の相手にございますゆえ・・・
うーん、「功名が辻」最大の山場を迎え、力が入ってます
2006/10/22

小林恵子、1番をとる・・・って・・・

仮面ライダーカブト 合体最終剣DX パーフェクトゼクター

バンダイ

このアイテムの詳細を見る

 「学校の怪談」後編・・・あらすじは公式サイトを参照してください。

 樹花の通っている中学って、毎週試験をやって、即結果を発表しているのでしょうか。先週のトップは樹花ちゃんでしたが、今週の1番はワーム恵子ちゃんでした。猛烈な受験校ですな・・・その割に、校内にパンクファッションのあんちゃんも平気でうろつく自由な雰囲気もあり・・・「呪いの鏡」や「消えた合唱部」よりも、そっちの方が恐かったりして
 まだありますよ。樹花たちバトミントン部の合宿に顧問の先生は引率せず、かわりにラグビー部のコーチとマネージャーがついていくという変則ぶり。キャンプで事故が起こったら、誰が責任取るのでしょうか・・・。しかも、キャンプ地は川原  バスで出掛けていって、川原でキャンプかよ!とつっ込まずにいられない。しかもしかも、そこで勝手にキャンプファイヤーやって盛り上がる・・・どこでロケやったのか知りませんが、ちゃんと火の始末をしてきたのでしょうかね・・・
 テント張りの練習風景も可笑しかった。「1分でテントを立てろ!」と大張り切りの蓮華嬢。ポップアップ式のテントなら可能ですが、通常のドームテントではちょいと無理があるような・・・しかもキャンプは素人のバトミントン部の女の子が立てるんですぜ・・・と思ったら、何か軽々と立ててますね・・・
 これだけぶっ飛んでいる学園ですから、理事長もぶっ飛んでました。7年前、ワーム合唱部によって全国優勝した栄誉をもう一度と、「呪いの鏡」を作ったり、合唱部の部室を封印したりして一生懸命舞台作り。その上で、野球部や小林恵子ちゃんをワーム化して・・・あんた、7年の年月をかけてそんな事に情熱を傾けてきたの?挙句の果てには岬さんに逮捕されちゃうし・・・・・・ゼクトって、民間人を逮捕する権限あるの?ま、いいか、流そう、流そう。
 本筋と関係ないところばかり、あげつらってしまいました。本筋の方では、パーフェクトゼクターに、サソードゼクター、ザビーゼクター、ドレイクゼクターが装着されパワーアップするという驚きの展開がありました。クリスマス商戦向けでしょうね。更に異次元(?)に飛ばされたカブトは、そこで男と手を繋いで走り去るひよりを見ます。いったい、あそこはどこなんでしょうか。何にしても久々にひよりが登場。会いたかったよ・・・で、次回へ続く!