FC2ブログ
2019/08/27

常念岳 登山記録

 8月25日(日)、26日(月)で北アルプス常念岳に登ってきました。
 計画では北アルプス前穂高岳に登る予定だったのですが、天候不良との情報により、急きょ目的地を変更することになりました。今回の目的地は横通岳&東天井岳… だったのですが、体調&体力の点を考えて常念岳に変えました。

 毎度おなじみS氏の車に同乗いたしまして、新城を8月25日15時半に出発。設楽、根羽、平谷と北上し、飯田から中央道に入り、岡谷JCTから長野自動車道へ。安曇野ICで降りて、安曇野市内を抜けて穂高カントリークラブ横を通り、一ノ沢登山口に到着したのは20時半過ぎでした。この日はここにテントを張って、軽く一杯やってから就寝。
 翌26日は3時半起床。簡単に食事をとって4時30分出発。まだ暗い中、ヘッドランプの明かりだけを頼りに進みます。
 re2558.jpg
 5時45分王滝ベンチ着。休憩を取りました。

 re2559.jpg
 ようやく太陽も上がってきました。ここでヘッドランプもしまいます。
 7時45分最終水場通過。

 re2560.jpg
 8時45分常念乗越到着。ほぼコースタイム通りなんですが、ここまで熟年登山者、山ガールに抜かされっぱなし… 体力落ちてますな… 

 re2561.jpg
 常念小屋と槍穂。

 re2563.jpg
 ガスが出てきて、槍穂方面の展望はこれが限界。

 re2564.jpg
 常念山頂を望む。 

 re2565.jpg
 10時25分、常念岳山頂に到着。1時間ほど粘ってみましたが、ガスは取れず。
 12時30分常念小屋着。生ビールを1杯飲んで下山。
 15時35分登山口着。「安曇野しゃくなげの湯」に寄って汗を流し、家に帰り着いたのは21時過ぎでした。

re2568.jpg
雷鳥。常念岳からの下り、小屋の100mほど手前で出会いました。北アルプスで雷鳥に遭遇したのは20年ぶりくらいかな。

re2569.jpg
 こちらは登山口近くの路上に出没した、ニホンザルの群れ。手前にいるのがボス猿で、向こうに親子猿やら若い猿たちがいます。我々が近づいていっても平気で逃げようともしません。なめていやがる… 

 出没情報をもう一つ。
 常念乗越から下りているとき、第1ベンチと第2ベンチの間で、不思議な女性とすれ違いました。服装は「街着」、肩掛けのポシェットを持ち、足元はクロックス様のサンダル履き… 唖然として見送るしかありませんでした。その後、すれ違う登山者達との話題もその不思議な女性のことでもちきり。サンダル履きで、あの沢筋の険しい道を登ってきたのか… そしてどこへ行こうとしているのか… 考えるだけで妄想が広がります…
 
スポンサーサイト



2018/08/30

御嶽 登山記録 ~後編~

 re2127.jpg
  10:02、飛騨頂上。標高2811mなり。五ノ池山荘のすぐ裏山で、ここから継子岳を目指すことにしました。

 re2128.jpg
 三ノ池。

 re2129.jpg
 五ノ池と五ノ池山荘を望む。その向こうの頂きは… あとで知ることになります。

 re2130.jpg
 剣ヶ峰、その右手に御嶽山頂。その下にニノ池が見えます。

 re2131.jpg
 13:34、摩利支天乗越。ここで初めて自分たちがコースを間違えていたことに気が付きました。何と!反対方向に進んでいたのでありました…

 re2132.jpg
 気を取り直して、展望台よりの眺めを楽しむことにしました。摩利支天山。

 re2133.jpg
 御嶽山頂。火山灰が降り積もって白くなっています。

 re2134.jpg
 摩利支天山とその奥に継母岳。
 ここで、予定を変更して摩利支天山に向かうか、それとも戻って継子岳に登るか、協議した結果、継子に針路を取ることに決定。

 re2135.jpg
 三ノ池乗越分岐経由で五ノ池山荘を目指したのですが、ここら辺りで頭痛が… 結局、山荘に着いたときにはヘロヘロになっており、S氏にお願いして濁河に下りることにしました。11時40分に山荘を出発し、登山口の駐車場に着いたのは14時過ぎでした。
 
 濁河温泉の市営露天風呂(入泉料500円)で疲れを癒やし、下呂、中津川、岩村、稲武経由で新城まで帰りました。新城着は20時少し前… お疲れ様でした。
 
2018/08/29

御嶽 登山記録 ~前編~

 8月26日(日)、27日(月)で御嶽に登ってきました。
 前々からの計画では北アルプス前穂高岳に登る予定だったのですが、天候不良との情報により、急きょ目的地を御嶽「継子岳」に変更となりました。

 毎度おなじみS氏の車に同乗いたしまして、新城を8月26日午後3時半に出発。設楽、根羽、平谷と北上し、飯田から中央道に入り小黒川PAで下りて、権兵衛峠道路を使って木曽谷へ。国道19号を南下し、木曽福島から木曽街道に入り、開田高原、チャオ御岳スノーリゾート経由で濁河温泉登山口に着いたのは午後7時を過ぎていました。この日はここにテントを張って、軽く一杯やってから就寝。
 
 翌27日午前5時起床。天気…曇。いやな予感…

 re2117.jpg
 濁河温泉の市営駐車場です。手前の舗装道の上にも10台ほど停めるスペースがあります。

 re2118.jpg
 駐車場のすぐそばにある公衆トイレ。 バイオトイレになってます。トイレットペーパーあり、手洗いもついています。おまけに戸を開けると自動で明かりもつきます。至れり尽くせり、ありがたい。

 re2119.jpg
 トイレから出ると、右手が登山道入り口… ん?何!通行止め! これは胡桃島キャンプ場登山口に回るしかないかと相談していたときに、ちょうど修験者の方が車でやって来たので聞いてみたところ、「原生林遊歩道経由で行けます。途中で分岐があるので右に入っていけば、テープがいたるところにつけてあるのですぐわかりますよ。」とのこと。これを使うことにしました。

 re2120.jpg
 駐車場から2分のところにある「原生林遊歩道」道標。6時13分出発。

 re2137.jpg
 遊歩道を歩くこと5分ほどで右手に折れる分岐発見。道標等ないので右の道に入ってよいのか疑問ながら、話の通り、テープもつけてあるので、「これだろう」と覚悟を決めて進みました。どうやらこれが新道になるらしく、工事の機材がところどころに置いてありました。(画像は下山時に撮ったもの。)

 re2136.jpg
 旧道との分岐。弓道側には規制線が張ってありました。駐車場からここまで30分ほど。

 re2121.jpg
 7:00、ジョーズ岩。
 
 re2122.jpg
 7:20、湯の花峠。

 re2123.jpg
 7:57、蛙岩。ゲロゲーロ。

 re2124.jpg
 8:33、8合目、お助け水。水は出ていません。ここまで樹林帯をひたすら登りました。急登はありませんが、倒木があったりして、やや登りにくいと感じました。

 re2125.jpg
 雲も切れてきました。残念ながら、北アルプス等の展望はなし。

 re2138.jpg
 9:50、五ノ池山荘着。新築ピカピカ、木の香も清々しい小屋でした。ここまでは予定通り。少し休憩して「さあ、継子岳を目指すぞ!」 …続く。


 
2017/10/05

北岳 登山記録 ~後編~

 翌日(10月1日)は朝3時起床、朝食は取らず、行動食で対応することにして3時30分登山行動開始。大樺沢二俣→八本歯のコル→池山吊尾根分岐→北岳山頂というコースを取りました。

 re1886.jpg
 暗闇の中で道をロストしバットレスに向かうコースに迷い込んだり(冷や汗もの…)しましたが、何とか朝を迎えることができました。

 re1887.jpg
 間ノ岳を望む

 re1888.jpg
 北岳山荘

 re1889.jpg
 吊尾根分岐到着、7時31分
 
 re1890.jpg
 中央アルプスを望む

 re1891.jpg
 北アルプス、槍・穂高連峰を望む
 この日は朝から快晴に恵まれ、中部山岳地帯の主だった山々はすべて望み見ることができました。
 
 re1892.jpg
 8時21分、北岳山頂に到着
 山頂は… 国際色豊かでした。今までの登山で、これほどいろいろな言語が飛び交う経験はありませんでした。
 さすが、標高日本第2位のお山です。

 re1893.jpg
 三等三角点
 
 re1894.jpg
 山頂より望む仙丈岳と甲斐駒ヶ岳

 re1895.jpg
 甲斐駒ヶ岳と八ヶ岳連峰

 re1896.jpg
 鳳凰三山

 re1897.jpg
 そして、お約束の富士山
 山頂からの眺めをもう少し堪能したかったのですが、トラブル発生のため、15分ほどで下山することにしました。
 山頂目前の地点で、S氏の登山靴のソールが「ほとんど」剥がれるというアクシデントが発生していたのでありました。
 実は前日から怪しい兆候があったのですが、だましだまし登ってきました。しかし、八本歯コースのハードな梯子段で一気に負荷がかかってしまったようです。テーピングテープで応急処置をして、そろりそろりと下りていき…

 re1898.jpg
 肩の小屋でテープを分けていただき、そろそろと…

 re1899.jpg
 9時26分、小太郎山分岐

 re1900.jpg
 北岳山頂を望む

 re1901.jpg
 10時50分、無事白根御池小屋に到着
 テントを撤収後、11時45分に広河原に向けて出発。そろそろと下って行き、広河原着は14時となりました。帰りも乗り合いタクシーで芦安まで。新城着は18時10分となりました。やれやれ、お疲れ様です。
 教訓・登山用品のメンテナンスはしっかりと!
2017/10/04

北岳 登山記録 ~前編~

 9月30日(土)、10月1日(日)で南アルプス最高峰北岳(3193m)に登ってきました。
 今回も天候にも恵まれ、素晴らしい山行となりました。

 毎度おなじみS氏の車に同乗いたしまして、新城を9月30日午前4時半に出発。新城ICより新東名を使って新清水ICまで… のはずが、うっかり話し込んでしまい、新富士ICまで行ってしまいました。
 re1875.jpg
 道の駅「朝霧高原」から見た毛無山
 ということで、昨年末の「毛無山」登山で使った西富士道路から富士宮市内に入り、朝霧高原、本栖湖、精進湖経由で甲府まで。そこから西に折れて、南アルプス市に入り、駐車場のある芦安温泉に到着したのは8時10分でした。
 さすが人気の山、十分用意されているはずの駐車スペースは上から埋まってきており、何とか第6駐車場に車を入れて、我々を待ってくれていた乗り合いタクシー(料金1100円+協力金100円)にそそくさと乗り込みました。そこから1時間ほどで登山口広河原に到着。
 re1876.jpg
 野呂川広河原インフォメーションセンター
 9時30分登山行動開始。

 re1877.jpg
 広河原から見た北岳
 ほんと、すぐそこに山頂があるように見えるんですが… 実際は遠かった… 

 re1878.jpg
 しばらく行くと分岐に出ました。我々は大樺沢コースを取り、大樺沢二俣を目指します。

 re1879.jpg
 清冽な沢水を愛で

re1880.jpg
 紅葉を愛で

re1881.jpg
 山野草を愛で… 12時55分に大樺沢二俣着。ここからトラバース道に入り、この日のお宿「白根御池小屋」に向かいました。
 
 re1884.jpg
 13時25分、小屋到着。早速テント(1人500円)を張り…

 re1885.jpg
 小屋で生ビール(850円)を買って、乾杯! 調子に乗って、もう1杯。さらに持ってきた焼酎も飲んで、16時頃にはすっかり出来上がっていました。おやすみなさい…


  



2016/12/10

毛無山 登山記録

 re1663.jpg
 E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

 12月4日(日)、毛無山(1964m)に登ってきました。
 毛無山は山梨県巨摩郡見延町と静岡県富士宮市の県境にある山で、日本二百名山に選ばれています。
 今回は静岡側から入る最もポピュラーなコースを使って登ってきました。

 今回もS氏の車に同乗いたしまして、新城を午前4時半に出発。新城ICより新東名を使って新富士ICまで。そこから一般道に降りて富士宮市を北上、朝霧高原経由、麓地区の奥にある有料駐車場に到着したのは6時55分でした。
 ちなみに、途中の朝霧高原には「セブンイレブン」と「サークルK」があり、食料等はそこで調達できます。

 re1655.jpg
 我々が着いたときには5台しか停まっていませんでした。
 re1654.jpg
 料金は500円。このポストに入れます。大丈夫かな… とも思いましたが、大丈夫。ちゃんと管理人さんがいました。
 7時05分、登山行動開始。林道を少し歩き、堰堤脇で涸れ沢を渡ると地蔵峠と毛無山山頂方面(直登コース)の分岐に出ます。
 今回は登りは直登コースを選びました。標高差1100mをまさに「直登」するルートでして、木の根っこやら岩やらで足元悪い中、よじ登ることを強いられることになりました。

 re1656.jpg
 7時35分 不動の滝見晴台到着。

 re1657.jpg
 雑木林の尾根を登っていくので、常に背後には富士山が見えました。が、木立が邪魔をして、なかなかシャッターチャンスは訪れません…

 re1658.jpg
 9時28分 富士山展望台に到着。さあ、思っきり撮ってくださいよ!と言わんばかりの見事な富士山でした。麓の朝霧高原には靄がかかって、いい雰囲気です。 

 re1659.jpg
 9時49分 北アルプス展望台到着。ちょっとした岩によじ登ると、そこから北アルプスの展望が開け… あれ? アレは乗鞍かな?すると、アレが穂高?じゃあその横に見えるのが槍?… なーんか、違うよな… 見事に「北アルプス展望台」という名前に騙されました。広がっていたのは「南アルプス」のパノラマでした… (北アルプスも小さく見えてましたがね…)

 re1660.jpg
 10時05分 山頂着。富士山方面は展望がききますが、それ以外は立木のため、望むことができません。我々がいた間、山頂には10人ほどしか人がいませんでした。人気の山と聞いていましたが、静かな山行となりました。
 re1661.jpg
 山頂で30分ほど休んでから下山。下りは地蔵峠コースを取りました。

 re1662.jpg
 11時16分 第二地蔵峠着。

 re1664.jpg
 12時42分 比丘尼の滝着。

 re1665.jpg
 13時00分 駐車場着。車の数が倍に増えていました。
 往復で約6時間ですか。いい運動になりました。
 
 この後、富士宮市で「富士宮焼きそば」を食べました。なんて言ったって名物ですもんね。
2016/10/26

金峰山 登山記録

 10月16日午前5時頃起床。外気温はそんなに下がっておらず、Tシャツ・ラグビーシャツの上に薄手のフリースを羽織っただけで朝飯の支度ができました。コチジャンを塗った焼きおにぎりにコーヒーという軽めの食事を済ませ、5時50分に富士見平を出発。

 re1581.jpg
 出発直後、富士見平小屋を振り返る。中央やや左に見える小屋はトイレです。1回100円の有料制です。小屋泊、テン場利用者は無料となります。

 re1582.jpg
 6時33分、大日小屋着。谷間に青い屋根が見えるのが大日小屋。宿泊料は富士見平小屋で支払うシステムのようです。
 re1583.jpg
 re1584.jpg
 そんなに寒さは感じなかったのですが、霜柱が立っていました。久しぶりに霜柱なんて見たので、思わずパチリ… 興奮気味…

 re1586.jpg
 7時05分、大日岩の下に着く。大日岩を見上げる。

 re1585.jpg
 南アルプスの山並み。

 re1587.jpg
 そして富士山。

 re1588.jpg
 8時15分、砂払ノ頭着。
 re1589.jpg
 金峰山を望む。
 re1590.jpg
 そして、前日登った瑞牆山。その向こうには八ヶ岳。

 re1591.jpg
 9時15分、山頂着。ここも人で溢れかえっていました。10月の中旬、快晴とくれば当たり前ですが… そういえば、この山行で感じたのですが、若い人の姿が目立ちましたね。山に若者が帰ってきてくれているようで、大変嬉しく思いました。それと、女性の単独行も多かったな。関東圏では当たり前の風景なのでしょうか? 
 re1592.jpg
 9時50分に山頂を出発。五丈岩には若者たちが取り付いていました。もちろん、年寄りはそんな無茶しません。
 
 re1593.jpg
 12時08分、富士見平のテン場着。テントの撤収後、早々に下山。

 re1594.jpg
 13時10分に瑞牆山荘駐車場に着きました。日曜日のこの時間帯ともなると、車の数も随分減っていました。
 何にせよ、お疲れ様… この後、S氏には4時間の運転をお願いすることになるのですが… 
2016/10/25

瑞牆山 登山記録

 10月15日(土)、16日(日)で山梨県北方の山、瑞牆山(2230m)と金峰山(2599m)に登ってきました。
 天候にも恵まれ、素晴らしい山行となりました。

 今回もS氏の車に同乗いたしまして、新城を15日午前4時半に出発。新城ICより新東名を使って新清水ICまで。そこから一般道に降りて富士川沿いに北上、増穂から中部横断自動車道、中央自動車道とつないで、須玉ICで降り、登山道入り口のある瑞牆山荘駐車場に到着したのは8時30分でした。

 re1567.jpg
 着いた時にはすでに無料駐車場は満車… 何とか路上に止めることができました。我々が登山準備をしている間にもぞくぞくと車が入ってきました。さすが百名山!
 ちょっとしたアクシデントがあって出発は9時10分となりました。

 re1568.jpg
 10時05分富士見平小屋着。テント泊の手続き(1人1泊1000円)を済ませ、テントを張ったのち、10時40分に瑞牆山に向かって出発。 

 re1569.jpg
 11時03分桃太郎岩着。なるほど… 桃が割れて中から桃太郎が出てきたと…

 re1570.jpg
 紅葉シーズンにはまだ早かったのですが、1本だけ真っ赤に色づいた木があったのでパチリ。

 re1571.jpg
 少し雲が出てましたが、富士山もちゃんと見えました。

 re1572.jpg
 12時25分に瑞牆山頂に到着。山頂からは南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳などなど、お馴染みの山々が一望できました。それにしても、登山客の多いこと! 我々がいた30分ほどの間、常時100人近い人間がひしめいておりました。
 re1573.jpg
 大ヤスリ岩。立派な一物ですな…
re1574.jpg
 山頂から翌日登る「金峰山」を望む。

 re1575.jpg
 13時に山頂を出発し、富士見平の小屋に着いたのは14時40分でした。
 着いたら速攻で酒盛り。下から持ち上げた缶ビールで乾杯し、芋焼酎をお湯割りで2杯… まだちょっと足りなかったので小屋で売っていた「甘酸辛苦渋・本醸造・七賢(180ml)」で仕上げました。
 そのあとはすることもないので、さっさと夕餉をすませ、5時前には就寝となりました。
2015/12/08

大和三山

 香具山は 畝傍ををしと 耳梨と 相あらそひき 神世より かくにあるらし 古昔も 然にあれこそ うつせみも 嬬を あらそふらしき
(万葉集巻一・十三 中大兄皇子)
 re1298.jpg
 藤原宮跡から望む香久山(標高152.4m)

 re1296.jpg
 藤原宮跡から望む畝傍山(標高199.2m)

 re1297.jpg
 藤原宮跡から望む耳成山(標高139.7m)

 

今回の「大和三山周遊」では近鉄が公開している「てくてくまっぷ(奈良-19)大和三山周遊コース」マップを使わせてもらいました。奈良のハイキングではいつも御厄介になっているこのマップですが、親切丁寧な書き込みがしてあり、本当に助かっています。

 さて、今回のスタート地点は近鉄「橿原神宮前駅」。ここを午前8時55分に出発しました。まずは前回ご紹介した橿原神宮を抜けて、その背後の畝傍山に登りました。
 re1290.jpg
 ここはハイキング道が整備されており、地元の方々のトレーニングコースとなっていました。
 re1288.jpg
 麓から約20分ほどで山頂着。
 re1289.jpg
 山頂から生駒山方面を望む。
 
 畝火山口神社側に下り、山の北側を廻り込んで「神武天皇陵」や「本薬師寺跡」の横を通って香久山に向かいました。

 re1291.jpg
 畝傍御陵前駅を過ぎたことろから見た畝傍山
 re1292.jpg
 香久山を望む
 re1293.jpg
 11時15分に香久山山頂着。畝傍山では沢山のハイカーに出会いましたが、こちらは静まり返っていました。
 re1294.jpg
 山頂から畝傍山を望む
 re1295.jpg
 山頂に鎮座する國常立神社

 香久山の北側におり、天香久山神社にお参りした後、藤原宮跡に向かいました。11時50分に「藤原宮跡」に到着。昼食を近くの食堂で済ました後、最終目的地、耳成山に向かいました。藤原宮跡から北へ約1km、楽勝のはずですが… すでに足はガタガタ、右足を引きずりながら気力だけで歩きました。

 re1299.jpg 
 耳成山登山口。ここからぐるりと反時計回りで、山を一周して山頂に至る参道が設けられています。
 re1300.jpg
 耳成山山頂。13時40分着。大和三山、腹一杯楽しませていただきました。ごちそうさま、もういただけませんや…



 

 

 
2015/12/01

奈良を歩く

 11月28日、29日の1泊2日で「山の辺の道」と「大和三山周遊コース」を歩いてきました。
 7回目となった「古道を行く」シリーズ、回を重ねることに内容がハードになってきております。今回は二日間で37Kmほど歩きました。お陰様で両足にマメが8個もできました…
 JR飯田線で豊橋まで出て、名鉄に乗り換え新名古屋まで、名古屋からは高速バスで奈良に入りました。途中渋滞もあって、予定より20分遅れの10時40分に近鉄奈良駅に到着しました。初めて高速バスを利用しましたが、比較的低料金(今回は片道2550円でした)で利用できるのがいいですね。今後は活用しようと思います。

 re1259.jpg
 山の辺の道、スタートは「興福寺」から。

 re1260.jpg
 奈良公園の鹿を愛でながら「春日大社」前を曲がり、「新薬師寺」を横目で見て「白毫寺」へ。道標があるので迷うことなく進めました。ただし、「東海自然歩道」と「山の辺の道」道標が混在する地点が何か所かあり、地図は必携です。

 re1261.jpg
 今回ツアーの楽しみの一つに「弘仁寺」の紅葉というのがあったのですが、残念ながら今一つ冴えませんでした。上の画像は「白川ダム」湖畔のモミジです。
 
 re1262.jpg
 初日ゴールは天理でした。宗教都市「天理」の空気には独特のものがあります。その中に身を置くと、「異邦人」として旅をしているというような感覚になり、何となく楽しくなるのでした。

 re1263.jpg
 お泊りは「奈良プラザホテル」でした。「奈良健康ランド」併設でして、各種お風呂に入り放題、20キロ歩いた疲れを癒しました。

 re1264.jpg
 2日目は宿から歩いて二階堂駅まで移動、そこから橿原神宮前駅まで近鉄電車を利用しました。こちらは「橿原神宮」のゆるキャラ「やたちゃん」… 朝早くからご苦労様です。神宮にお参りした後、「畝傍山」に登り、続いて「香久山」に登り、更に「耳成山」に登りました。この記録は後日まとめるつもりです。

 re1265.jpg
 「藤原宮跡」に立ち大和三山を見回した感覚は鮮烈でした… それぞれ200mにも満たない山なんですが、古の大宮人は「守られている」という意識を強く持ったことだろうと思いました。

 re1266.jpg
 今回の旅の終わりは「大和八木」駅。ここから近鉄特急で帰りました。お土産は「柿寿司」「柿最中」など柿尽くしとなりました。