FC2ブログ
2021/04/23

3月~4月の燃費

 3月30日給油32.12L(428.3km)…13.33km/L
 4月11日給油31.40L(476.0km)…15.16km/L
 4月22日給油30.73L(413.3km)…13.45km/L

 新年度になり、仕事場が変わりました。6kmほど遠くなった影響で、2週間おきだった給油の間隔が短くなりました。燃費の方は相変わらず。4月11日のが伸びてますが、この日、遠距離を走った影響だと思います。通勤だけだと13km/L台半ば、というところでしょう。もう少し伸ばしたいですな。
2021/03/24

1月~3月の燃費

 1月 31日給油27.82L(369.1km)…13.27km/L
 2月17日給油32.21L(440.0km)…13.66km/L
 3月 07日給油27.77L(396.7km)…14.29km/L
 3月 19日給油25.11L(340.8km)…13.57km/L

 13km/h台に落ちています。冬場はこんなものですか… しかし、スロコン導入後も燃費が大きく落ちていないことは嬉しいですな。
2021/03/03

乗り始めてから1年経過

 re3383.jpg
 昨年3月1日から乗り始めて丸1年経ちました。
 1年乗った感想など述べてみたいと思います。

 半月ほど前に1年点検を受けましたが、特に異常箇所も見つからず。まだ9300Kmほどしか走っていませんし、当たり前ですかね。
 本当は、2倍位は乗るはずだったのですが、コロナ禍により遠出も出来ずじまい。高速道路を走ったこともありません。愛知の緊急事態宣言は解除されたことだし、そろそろ遠出しようかなとも思っています。そろそろと、ね。
 MT車の運転にも、ようやく慣れてきました。発進でもたつくこともなくなり、余裕を持った運転ができるようになって、運転していて楽しい車だと思います。まあ、スロコン必須かな。
 しかし、乗り心地は決してよくありません。路面状況によっては派手な横揺れがあり、長時間乗るとかなり疲れるんじゃないかと不安です。(それもあって、遠出に二の足踏んでいるところもあります)

 最近は街でJB64やJB74シエラを見かける機会も増えてきましたね。ボディカラーは、やっぱりジャングルグリーンが多いかな。我が愛車の色、ブルーイッシュブラックパールも人気があるようです。しかしまあ、黒はやっぱり汚れが目立ちます。こまめな洗車が欠かせませんね。
 
2021/01/30

プチ・ドレスアップ

 エアコンダクトの縁をクロームメッキでドレスアップしてみました。

 re3323.jpg
 最上位機種「XC」のエアコンダクトはブロンズメタリックの加飾がされているのですが、我が愛車は「XL」故、そんなのなし。漢のジムニーに「そんなのいらねえ!」という考え方もありますが、私は「飾ってやりたい」派です。

 re3324.jpg
 今回購入したアイテムは、両面テープでペタッとくっつけるだけですので、超カンタンドレスアップ… と思いきや、両面テープのシールを剥がすのに苦労させられました。おじいには、こういう細かい作業が辛いのです。

 re3325.jpg
 これが出来上がり。本当は他と合わせてつや消しシルバーにしたかったのですが、価格が高いのしかなかったので、これで我慢しました。車内が明るくなったので、良しとしましょう。
2021/01/29

スロコンつけました。

 re3319.jpg
 「Pivot 3-drive PRO 3DP」が届いたので、早速取り付けました。

 re3320.jpg
 アクセルコネクターを引き抜き、アクセル部とアクセルコネクターの間に専用ハーネスを挟み込み、接続完了。
 コネクターを引く抜くのに、少々手こずりましたが、先日の「フットライト」の配線工事に比べりゃ、どうってことなかったですな。

 re3321.jpg
 本体は増設電源ユニットの下部に両面テープでつけました。

 re3322.jpg
 初期設定も取説見ながらやればすぐ済みます。モードは3種類あります。一番レスポンスがアップする「パワーモード」、低、中域がアップする「レスポンスモード」、そして、燃費重視の「ECOモード」。それぞれに、変化率最小から最大まで、1~5段(パワーモードは1~7段)までの切り替えができるようになっています。
 取り敢えず、レスポンスモードの5に設定して乗ってみました。いや~、乗り出してすぐに効果が体感できますよ! 特に2速、3速の加速がスムーズになったのが如実。アクセルを踏めば、素直に加速してくれるという感覚はスイフト以来ですな。
 普段乗りはレスポンスモードで、高速道を走るときはパワーモードで、という具合に使い分けていこうと思います。何にしても、いい買い物したなあ…
2021/01/28

スロコン

 suro.jpg
 入荷待ちで、届くのは3月になるとのことだったスロコン「「Pivot 3-drive PRO 3DP」」が明日届くことになりました。これは嬉しい。
 今回「Pivot 3-drive PRO 3DP」を導入することにした、最大の理由は取り付けが難しくないということです。アクセルコネクターだけの接続ですみ、初心者でも簡単に取付可能だということです。プラス、OBD接続が不要という点も大きいかな。レーダー探知機でOBD接続の方はふさがっているため、これも必須事項でした。ああ、それからハーネス込みでも2万円かからないという価格設定もお財布に優しかったですね。
 取り付けによって、どれくらいレスポンスアップしてくれるのか、楽しみで仕方ありません。
2021/01/22

遠征準備ちゃくちゃく… どこへ行くのか?

 ジムニーにルーフラックを取り付けたのが去年の6月。それ以降、荷物を乗せることもなく7ヶ月も過ぎてしまいました。使いもせずにおくのは、如何にももったいないだろうということで、荷物をとめるネットと荷物を入れるボックスを購入しました。
 まずネットのご紹介です。
 re3316.jpg
 カーメイトの「カーゴネット inno バゲッジネット L ブラック IN526-5」という商品です。ルーフラックと同じメーカーなら、使い勝手もいいだろうと考え、購入しました。

re3315.jpg
 こちらはアイリスオーヤマのボックス「RVBOX 900F ブラック」です。幅90×奥行40×高さ15.5cmという大きさのものです。背の高いタイプのRVボックスは持っているのですが、嵩張ることのない、テントやシート類をコンパクトに収納できるタイプがほしくて購入しました。

re3317.jpg
 実際にルーフラックに載せて「遠征」するときは、こんな感じになるでしょう。
 取り付けにかかった時間は15分ほど。要領はわかったので、次回からは半分の時間でできると思います。

re3318.jpg
 ネットは100cm幅のラックに最適のサイズをチョイスしたので、しっかり固定できました。
 もちろんこれだけでは不安なので、実際の「遠征」時にはベルト併用するつもりです。あと、荷物を載せたり、ネットを取り付けたりするためには脚立が必要ですね。ドアステップを使うという手も考えていましたが、両手を使う作業がついてくるので、脚立のほうが安全だと分かりました。

 さあ、後は「遠征」するばかりです。緊急事態宣言が出たばかりですし、当分はどこにも行けませんが、4月ぐらいになったら動き出せるのかな… もう少し先になるのか… 
 「遠征」先としては、今のところ九州が第一候補です。大阪まで行って、そこからフェリーに乗って志布志に上陸。縦走して阿蘇経由で別府へ。そこからまたフェリーで帰ってくる…  ただ、このプランを実行するとなると1週間はほしいので、まとまった休みの取れる夏休みでないと行けないかな。もう少し、近場でいい所ないかな…
2021/01/19

JB64の今 (今後のカスタム)

 今のライフスタイルに合わせて購入したジムニーですから、その外装、システム、乗り心地、概ね満足しています。「概ね」としたのは、不満な点もあるからです。
 現状、一番の不満点は、アクセルを踏んでもエンジンの回転が上がらないことがある、あるいは踏んだ量に応じて回転が上がらないと感じることがある、という点です。
 MT車に乗るのは久しぶり、若い頃に乗っていたスプリンタートレノ以来ですから30年ぶりになります。故にまだ感覚が戻り切らないところもありますが、トレノの頃は2速発進が普通だったと記憶しています。しかし、ジムニーは怖くてできません…
 ということで、スロットルコントローラー(スロコン)を導入することにしました。で、「Pivot 3-drive PRO 3DP」というのを発注済みです。しかし、皆さん考えることは同じなようでして、品薄状態により、届くのは3月上旬とのこと。まあ、ジムニーを11ヶ月待ったのに比べればどうということもないのですが…
 あと、タイヤとホイールも替えたいと思っていますが、母の介護&予算の問題があるため、当分先になりそうです。少しでも車高が上がるカスタムはご法度です。リアやサイドのガラスにステッカー貼って、ルーフキャリアも乗っけて、フロントグリルにもカバー付けて、見た目派手なのに足元が地味なのは嫌なんですが。こればかりは仕方なし。同様の理由により、リフトアップもだめ。介護の関係で早朝3時頃の運転があり、ご近所迷惑になるという理由でマフラーの交換もだめ。
 スロコンを取り付けたら、取り敢えずカスタム第1段階は終了ということになりそうです。
2021/01/16

JB64ジムニーの今 (燃費編)

 10ヶ月乗ってきたジムニーの平均燃費を出しておこうと思います。
 まずは直近2回の燃費を掲載しておきます。

 12月 22日給油30.10L(435.7km)…14.48km/L
 1月14日給油31.44L(425.6km)…13.54km/L

 むむ… 13km/L台に落ちてますね。遠出もしていないし、仕方ないところか…
 気を取り直して、10ヶ月トータルの記録を発表! ただし、2回ほど計測漏れがありますので完全なものではありません。
 
 532.21L(7593.4km)…14.27km/L

 ほとんど遠出せず、通勤での使用中心ということを考えれば、新型ジムニーの燃費としては合格ではないでしょうか。
 これで高速を使って遠出したら、どうなるか… 試してみたいところなんですが、実はジムニーでの高速デビューはしてないのです。アクセルを踏んでも踏んでも加速しないと評判のジムニー… 実際、一般道でも加速が悪いせいで煽られたり、合流でヒヤッとすることがあります。このままでは怖くて、高速なんかは走れませんや…

 

 
 
2021/01/15

JB64ジムニーの今(カスタム編)

 2020年3月1日から乗り始めた我が愛車「JB64ジムニー」の、今の様子を記録に残しておこうと思います。
 まずは、ちまちまとやってきたカスタムを振り返りつつ、現状がどうであるかを述べてみます。

 re3313.jpg
 サムライプロディース製の「フロントルームランプカバー」。
 確か、B級品が安く出ていたので購入したと記憶しています。サテンシルバーメッキ仕上げで高級感があり、気に入っています。
 ただね、取り付け後すぐに2回、「落ました」。
 両面テープでルームランプに貼り付けてあるのですが、しっかりと接着しないと自重で落ちてしまうようです。
 2回めに落ちた後、両面テープを付け替えました。それを取り付けした後で、全体をマスキングテープで養生し2日ほど放置。その間車も動かさず… その後は落ちることもなくなり現在に至る。
 
 re3312.jpg
 新型ジムニーに乗り始めると、どうしても克服しなければならない「小物入れ」が極端に少ないという問題。
 私の場合は、ティッシュケースをどうするかというのが、一番大きな問題となりました。
 で、色々試した結果、今は、前の車(スイフト)のときに使っていたケースを助手席サンバイザーに挟んで使っています。
 助手席に乗るのは、バニティミラーを使うこともない91歳の母だけなので、当分はこれでいいかなと考えています。

 re3311.jpg
 ワイパースイッチは時間調節機能付きのものに交換しました。
 交換の手順はネット上に出ている情報通りに行えば、難しくありません。
 交換部品が8000円ほどしますが、効果は絶大です。

 re3306.jpg
 カーメイトの「 ジムニー専用 電源ユニット 」。シガーソケットもUSBポートも1つずつしか使っていないし、今のところ、活用できているとは言えませんね。
 両面テープで留めてあるだけなので剥がれないか心配なのですが、取り付け後10ヶ月経過時点でしっかりとくっついています。

 re3305.jpg
 昨年5月に取り付けた「アピオの「アルミMTペダルセット」。気に入っています。
 取り付け用のボルトが緩んで、ペダルがズレてしまうのではないかと心配になるときもありますが、今のところ大丈夫そうです。
 しかし、安全に関わる部品なので、今後もきちんとチェックしていきたいと思います。
 フットレストもつけようかと悩んだ時期もありましたが、新型ジムニーの運転席足元は狭いので、結局やめにしました。

 re3304.jpg
 ドリンクホルダーは「槌屋ヤック DIPTER DRINK 」を運転席側に1つ付けています。助手席にも付けていたのですが、邪魔になるだけだったので外しました。
 京丸山に登った帰り道、ダートを走っていたときにペットボトルごと「外れて飛び」ました。
 カーメイトの「ジムニー専用 ドリンクホルダー」などはボルトでしっかり取り付けるので人気がありますね。でも、ドリンクホルダー自体を使う機会が少ないので、取り敢えず、こいつを使い続けます。

 re3303.jpg
 オプションで取り付けた「「モニター付DVD/CD/USBモニター」。
 音楽を聞くときはスマホ経由で「Amazonプライムミュージック」、ナビは「Android Auto」のグーグル・マップ利用。それで満足しているかと言えば、微妙です。ただ、その理由の大部分は自分が使い方に習熟していないという点に発しているので、仕方ないですね。今後、しっかり使えるように慣れていきたいと思っています。

 re3308.jpg
 車中泊用にと導入した天井収納。
 今のところ、無用の長物と化しています。はっきり言って邪魔でしかない… 実際、車中泊で便利に使えるとも思えない…
 外してしまおうかと思っています。作っているときは楽しかったんですがね…

 re3309.jpg
 後部座席は畳んで、安いゴム製のラゲッジマットを敷きっぱなしにしています。
 泥のついた荷物を積んでも気にならないので、これで十分だと思います。

 re3310.jpg
 熱線コード保護のために付けた「「Jimny専用 リアデフォッガーカバー」。
 これも必需品でしょう。今のところ、しっかりとくっついています。

 re3307.jpg
 サムライプロデュース製の「フロントグリルカバー」。
 5スロットグリルを活かした上で差別化も図れているので、気に入っています。
 しかし、人気の「SUZUKIエンブレム」にしたフロントグリルも格好いいですよね。あれって、純正オプションで36666円(取り付け費込み)もするので、指を咥えて見ているだけだったのですが、最近、「ほぼ」同等品がAmazonで12000円で手に入ると知りました。故に浮気心が起こっています…