FC2ブログ
2020/06/12

笑's 「B-GO 」 再び

 昨年10月にご紹介した記事に間違いがあり、コメントでご指摘いただきました。取説も読まずに組み立てたのが失敗の元。自分勝手な思い込みは失敗の元と、かの兼好法師も「徒然草」の中で書いておられましたよね…
 で、訂正版を作ってみました。一応、取説に則って。

 re2830.jpg
 左右両側板を起こします。(カメラを構えたわが姿が写り込んでしまった…)

 re2831.jpg
 背面板を曲げ込みを内側にして、側面板のスリットに挿し込みます。

 re2832.jpg
 扉付前面板を曲げ込みを内側にして、側面板のスリットに挿し込みます。扉を開きます。

 re2833.jpg
 ロストルを切り込みが外側に向くように、前後板の曲げレールの上に乗せます。前回の記事では底板の上にロストルを直置きしていましたが、それは間違いでした。本体灰受けから浮いた状態になります。

 re2834.jpg
 脚部を灰受けに当たるまで完全に開きます。

 コロナ禍があって、「B-GO 」を使う機会もないまま半年以上放置… 未だにピカピカ状態ですw
スポンサーサイト



2020/05/20

ネジ式ディスペンサーボトル

 re2799.jpg
 付録の「ネジ式ディスペンサーボトル」ほしさに「Fam_mag」という雑誌を買ってしまいました。
 親子でキャンプ、というのがコンセプトのようで、私のような爺キャンパーには用無しの本でしたが、とにかく付録が欲しかったのです。
 さまざまな液体を持ち運ぶための「リキッドコンテナ」として使える「ネジ式ディスペンサーボトル」が3本付いていました。特殊キャップが付いているので、液垂れが起きずに持ち運びができ、使う際には液キレもいいとのこと。しかもオシャレ。
 さあ、何を入れてやろうか? 醤油やソースといった調味料入れに使うか、それともアルコール燃料を入れるか、はたまた洗剤入れとするか… 粘度の高い、たとえばマヨネーズや蜂蜜なんかもきちんと押し出せるとあるので、そんなものを入れるのもありかな。
 
2020/01/31

BE-PAL はじめての焚き火入門

 昨年末、大手通販サイトで発売され、またたく間に「予約」終了となった「BE-PAL はじめての焚き火入門」ですが、年明け1月9日にamazonにて突然販売が再開されました。小市民の私としましては、ポチッとするしかなく、2月1日の発送を待っていました…
 それが昨日(1月30日)届いたので、早速開封しました。
 re2673.jpg
 箱の前面はこんな感じ。

 re2672.jpg
 で、裏はこんな風。

 re2674.jpg
 入っていたのはこれだけ… 冊子はなし。まあね、欲しかったのは「MINI焚き火台」と「肉厚鉄板mini」ですよ。しかし、焚き火入門情報も「紙媒体」でしっかり付いてくると思っていたわけですよ… 焚き火情報はデジタル版だそうで、リーフレット内のQRコードを読み込んでスマホで見てね(#^.^#)だって… 
 それはそれとして… 3つも溜まってしまった「肉厚鉄板mini」をどうしますかね…
2019/12/29

正真正銘「トランギア」のメスティン

 メスティンでの自動炊飯を2回やってみましたが、どちらもあっさりと成功。簡単すぎて拍子抜けするくらいです。
 というわけで、山にメスティンを持っていく目処もたったと… 2個めのメスティンを購入することにしました。
 先日、Amazonを見ていたら、トランギアの赤メスティンが1760円で出ていました。「え? 人気の赤が? 定価販売?」目をこすって見直してみても1760円。しかも「Amazon」御自らの販売品でした。これは速攻買うしかないと、ポチったのが昨日届きました。

 re2646.jpg
 これこれ。この箱ですよ。これに入ってきたということは… 本物の「トランギア」製品ということでOK? (いや、箱だけ本物ということもあるよね。)騙された傷を持つ人間は疑い深いわけですよ。

 re2647.jpg
 レッドハンドルですよ。

 re2648.jpg
 そして、このマークが「長らくお待たせいたしました。私が『本物の』trangiaメスティンですよ」と主張しているわけですな。ここまで来たら、正真正銘のトランギア・赤メスティンということでよいのではないでしょうか。
2019/12/10

trangia アルコールバーナー

 トランギアのメスティンは手に入れること能わず… でしたが、替わりと言っては何ですが、トランギアのアルストを購入しました。

 re2640.jpg
 購入先はイギリスの業者… 結果、届くのに2週間かかりましたが、無事「本物」が来ました。

 re2643.jpg
 やっぱ、モノホンのアルストはきれいな炎が出ますなあ… などと悦に入っております。

 re2641.jpg
 で、風防(兼ゴトク)も用意してやろうと、こちら「SOTO ミニ焚き火台 テトラ」を購入。

 re2642.jpg
 (手ブレしてます…)こんな形のミニ焚き火台です。元々、雑誌の付録だったものを商品として売り出したものだそうで、本当に小さな「焚き火台」なんですわ。あまりに小さくて、トランギアのアルストの風防としては無理がある… 無理すれば入らないことはないが、アルストを入れづらいし、底板なしになるので安定性も損なわれます。

 re2644.jpg
 ということで、「Lixada  トライアングルネイチャー ストーブ」というのを購入。こちらの商品も「薪ストーブだ!」と主張するわけですが、どう考えても、アルストの風防(兼ゴトク)として使うのが正解だと思います。
2019/11/17

簡易アルコールストーブ

 You Tubeで面白い「アルコールストーブ」製作方法を見つけたので、早速真似てみることにしました。
 
 re2629.jpg
 今回使ったのは、100均(セリア)で買ってきた携帯灰皿とスチールウールたわしです。

 re2630.jpg
 携帯灰皿の中に、ちぎったスチールウールを詰めて出来上がり。工作苦手の私でも難なくクリア…

 re2631.jpg
 燃料用アルコールを10ccほどたらして火をつけると、元気に燃焼開始してくれました。そして、およそ10分で消火。実際にアウトドアで使用するためには風防と五徳がないと実用に耐えないと思います。しかし、本体の重さが25gですからね、これは凄い… 
 実はトランギアのアルコールストーブを注文済なので、それと比較してみたいと思っています。かたや2500円オーバー、かたや220円(税込)… いや、スチールウールは24分の1しか使っていないから、115円のアルストということになりますか… これだったら、すぐ壊れても、なくしても平気ですしね。コストパフォーマンスは驚異的ですな。
2019/11/09

Lacita ポータブル電源 エナーボックス

ポータブル電源を購入しました。
 購入したのは、「Lacita ポータブル電源 エナーボックス」という機種です。電池容量120,000mAh(444Wh)、安全性の高い三元系リチウムポリマー電池を使用、本体のサイズは30cm×13cm×18cmで5kgと非常に軽量でコンパクト、比較的消費電力の高いポータブル調理器具やヒーター、冷蔵庫やテレビなどの白物家電にも使用できる、というすぐれものです。

 re2618.jpg
 天板にはコントロールパネル。電源スイッチ、バッテリー残量インジケーター、電池残量表示/USB出力開始ボタンが配置されています。

 re2619.jpg
 前面にAC電源が3つ・USB電源が3つ。一番下にはDC入力。

 re2620.jpg
 裏面にアクセサリーソケットが1つ。
 これ、欲しくて「買おうか、買わまいか」ずっと迷っていたのですが、先日楽天のセールで43,840円(税・送料込)で出たので、思わずポチっちゃいました。これ、アマゾンのタイムセールでも46,580円にしか下がらないやつなんですよ。普段は55,800円(税込)で売られているやつ… いい買い物ができました…
 購入の主目的は非常時の電源確保用です。それだけではもったいないので、ジムニーが来たら車中泊に持ち出してやろうと考えています。問題はですね、ジムニーが何時来るかですよ…
2019/11/06

メスティンで自動炊飯

 トランギアのメスティンのはずが届いたのは、「似非」ミリキャンプのメスティンだったというお話を以前しました。
 その後どうなったかといいますと、業者が返金に応じ、しかも届いた商品は「送り返さなくてもいい」ということになりました。
 ということで、「似非」ミリキャンプのメスティンは、晴れて私が自由に使えるものとなりました。
 そんな「似非」ミリキャンプのメスティンでも「自動炊飯」は出来るのか試してみました。
 re2616.jpg
 シーズニングを済ませたメスティンに1合の米(30分水につけ吸水済)と180ccのを入れて、火にかけました。今回の火力は、エスビット ポケットストーブミリタリーに載せたダイソーで買った固形燃料です。こいつに火をつけて、後は火が消えるまで放ったらかし。消えたところで、メスティンをタオルにくるんで20分放置。

 re2617.jpg
 ちゃんと炊けてました。しかもお焦げ一切なし! 噂通りの、画期的アイテムだと感心しました。
2019/10/23

笑's 「B-GO」

 ジムニーでの車中泊、ソロキャンプ… You Tubeを見れば見るほど夢は広がってゆき、ジムニーの納車も何時になるのか、さっぱり見通せない中、キャンプ用品ばかりが増殖中の今日このごろ。
 前フリはこのぐらいにして、焚き火台を買ってしまいましたよ。定番中の定番、『笑's コンパクト焚き火グリル 「B-GO」』であります。
 re2593.jpg
 笑's コンパクト焚き火グリル としましてはB6君、A4君もあるのですが、大きさとしては、このB5サイズが「丁度いい」かなと思います。

 re2594.jpg
 re2595.jpg
 今回購入したのは、鉄板+ハードロストル付きの三点セットです。サイズは「丁度いい」のですが、ちょっと重いですな… まあ、これを使う場面として考えているのは、車でキャンプ場に乗り込んでのソロキャンプというシチュエーションなので、構わないかな。
 それでは、早速組み立ててみましょう。

 re2596.jpg
 re2597.jpg
 まずは足を立てて
 re2598.jpg
 側面のプレートをはめて
 re2599.jpg
 ロストルを置く
 re2600.jpg
 裏壁をはめて
 re2601.jpg
 前面もはめて
 re2602.jpg
 最後に鉄板を置いて出来上がり。とても簡単に組み立て完了となります。

 re2603.jpg
 ムフ… いいですな。
2019/10/22

トランギアのはずが・・・

 10月1日に注文したのち、3週間待たされていた「trangiaメスティン」が昨日届きました。
 が・・・
 mesu.jpg
 この商品を注文したのに、届いたのは

 re2591.jpg
 こんな箱に入った

 re2592.jpg
 こんな商品でした。
 これは詐欺ですよね… 速攻返品手続きに入りました。
 10月1日から1週間の間、トランギアのメスティンが定価販売されたのですが、その時、よせばいいのに1500円の売りのモノに手を出してしまったのです… その結果がこれですよ… Amazonさんに騙されるのも何回目ですかね…(遠い目)…