2017/01/24

摩訶耶寺(浜松市三ヶ日町)

 re1708.jpg
 奥浜名湖地域にある国指定重要文化財を有する5つの寺院を総称して「湖北五山」といいます。「方広寺」「摩訶耶寺」「龍潭寺」「初山宝林寺」「大福寺」の5つのお寺さんです。そのうちの一つ、摩訶耶寺へ行ってまいりました。

 re1709.jpg
 高麗門
 元々は徳川家康が築城した野地城の城門だったものを山門として移築したものだそうです。正面の切妻門に扉、その後方左右に取り付いた低い控え棟からなり、コの字型の構造になっているのが特徴だそうで、朝鮮半島の築城法を取り入れたものなのだそうです。

 re1712.jpg
 本堂
 左手の白い壁は渡り廊下で、その先に宝物殿があります。そこに国指定重要文化財の木造千手観音像や木造不動明王像などの寺宝が安置されています。

 re1710.jpg
 本堂格天井図
 法橋関中が描いた極彩色の花鳥図です。(敢えてモノクロにしてみました。) 
 法橋関中さんは… 本堂の建造は1632(寛永9)年とのことですから、多分、江戸時代の絵師さんでしょうな… 

 re1711.jpg
 摩訶耶寺庭園
 鎌倉時代前期に作られたお庭。池泉鑑賞兼廻遊式蓬莱庭園という様式だそうです。
 むう… 芝生の青々としている季節に再訪しようと誓うのでありました。
スポンサーサイト
2016/12/09

無量寺(蒲郡)

 無量寺は蒲郡市西浦町にある、真言宗醍醐派の寺院です。
 別称は「西浦不動」。「ガン封じの寺」として知られています。
 我が一族は「癌家系」でして、両親、その姉弟もすべて癌に罹っております。ということで、一度はお参りしておくかということになりまして、先週の土曜日(12月3日)に行ってまいりました。
 
 re1633.jpg
 ありがたい「大雁塔」のレプリカ。これが目印になって、何とかたどり着けました。
 一応、ナビに従って向かったのですが、指示通りに行ったら、どう考えても普通車は通れない路地で前進不能となりました。確かに目の前には噂通りの「塔」が見えたので、ぐるっと大回りしてみたら案内の看板がありました。やれやれ…

 re1634.jpg
 本殿はごく普通です。

 re1635.jpg
 これも噂の「千仏洞」。最新式デジカメ(PowerShot G5 X)のお力によって何とか撮れておりますが、中はほぼ暗闇状態でした。閉所恐怖症の方はは入らないほうがいいでしょうな。
 壁には一面の仏様が刻まれているのですが… はっきり言って不気味… 

 re1636.jpg
 大日如来様も、もう少し明るいところで拝んでほしいのではないかと…

 re1637.jpg
 境内には天然記念物の「大楠」の木があったりします。が、あえて紅葉の画像を載せておきます。

 re1638.jpg
 これが今年の「紅葉納め」でしょうから。
 
2016/12/08

小國神社(森町)

 小國神社は静岡県周智郡森町にある神社です。祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)、式内社(小)、遠江国一宮。紅葉の名所として知られており、今回(12月2日)はD750の試し撮りの地として選ばさせていただきました。

 re1641.jpg
 新城から新東名を使って40分ほど。着いたのは午前9時、平日ということもあり、大鳥居横の駐車場に停めることが出来ました。

 re1648.jpg
 事待池。小國神社に詣で願掛けをして「事のままに待ち」心願成就すれば池に鯉を放ち神恩感謝の意を表わす慣わしから「ことまち池」といわれているそうです。

 re1642.jpg
 御神木「大杉」

 re1643.jpg

 re1644.jpg
 大御所様「立ちあがり石」 有り難や…

 re1645.jpg
 入母屋造りの拝殿。 

 re1646.jpg
 ひょうの木。
re1647.jpg

 re1639.jpg
 お土産には名物「梅衣」をチョイスしました。

 re1640.jpg
 餡(あん)を薄い餅皮で包み、しその葉でさらに包み込んだ和菓子です。これは… 美味い! これを買いに森町まで高速を使っても惜しくないと思わせる美味さです。中津川の栗きんとん同様に、町内にいくつもの和菓子屋があって味を競っているそうなので、今度は違う店のものを試してみようと思っています。
2016/02/05

財賀寺(豊川市)

 さて、仁王門をくぐりますと、その先には長い石段が待っております。
 re1365.jpg
 これをひたすら登っていきますと、
 re1370.jpg
 弘法大師様がお迎えして下さいます。
 ここまでに二休みくらいしないと、とてもじゃないが身がもちません…
 re1372.jpg
 さらに男子厄除坂を登り、
 re1373.jpg
 女子厄除坂を登ると、
re1374.jpg
 ようやく本堂に出ます。
 財賀寺は、聖武天皇の勅願により僧・行基が開き、空海が中興したと伝えられるお寺です。文政6年に建てられた本堂には、国の重要文化財の厨子に千手観音菩薩が安置されています。源頼朝の寄進を受けたり、徳川家康の庇護を受けたりと、名だたる武将に縁深き名刹です。
2016/02/04

財賀寺仁王門(豊川市)

 財賀寺は豊川市財賀町観音山にある、高野山真言宗の寺院です。
 こちらの『仁王門』と、安置されている『木造金剛力士立像』は国の重要文化財に指定されています。
 re1357.jpg

 re1358.jpg
 仁王像は昭和59年12月から、修理のため奈良国立博物館に移され、その後寄託陳列されていましたが、平成10年10月に財賀寺に戻されました。また仁王門は平成8年10月から丸二年かけて修理が行われました。この仁王像の帰郷と門修復完了を祝って平成10年10月10日に横綱貴乃花の奉納土俵入りが披露されました。

 re1360.jpg
 向かって右に安置されている「阿形」 高さ381cm
 re1364.jpg
  迫力のあるお顔と…
 re1362.jpg
 力強い手の描写。惚れ惚れします。

 
 re1359.jpg
 こちら、「吽形」は高さ375 cm
 re1363.jpg

 re1361.jpg
 良い手相をしていらっしゃる…はず…
2016/01/09

秋葉山本宮秋葉神社 再訪

 二度目の「秋葉山本宮秋葉神社」参詣です。
 今回の目的は二つ。一つは「神宮大麻」を入手すること。もう一つは西ノ閽ノ神門四隅に施されている四神を撮ること。
 二つとも叶えることができ、今年一年が明るく開けたような気がいたしました。
 re1337.jpg
 真っ青な空を背景にして、黄金の大鳥居が神々しく輝いていました。

 re1338.jpg
 本殿

 re1339.jpg
 今年の干支にちなんで、猿の彫刻が奉納されていました。

 re1341.jpg
 西ノ閽ノ神門〈朱雀〉
 re1340.jpg
 西ノ閽ノ神門〈玄武〉
 re1336.jpg
 西ノ閽ノ神門〈青龍〉
 re1335.jpg
 西ノ閽ノ神門〈白虎〉

 re1334.jpg
 参道入口の狛犬もモダンな感じで、いいですな。
2015/12/15

天香山神社(奈良県橿原市)

 天香山神社(あまのかぐやまじんじゃ)は、櫛真智命神(くしまちのみことのかみ)を祭り、香久山の北麓の南浦町に鎮座しています。
re1308.jpg

re1309.jpg
 拝殿。その奥が本殿。

re1310.jpg
 参道に立てられた万葉歌碑。
 春すぎて 夏来るらし 白たへの 衣干したり 天の香具山 (持統天皇御製 1巻-28)
2015/12/09

畝火山口神社(奈良県橿原市)

 畝火山口神社は畝傍山の西麓に鎮座する神社です。気長足姫命(神功皇后)・豊受比売命・表筒男命を祀り、神功皇后が応神天皇を出産した伝承により、安産の神として信仰されています。祭神の変化、社殿の遷座等を経て現在に至るという、なかなか興味深い歴史を持った神社です。

 re1301.jpg

 re1303.jpg
 拝殿に掲げられている、気長足姫命(神功皇后)を描いた絵馬
 re1304.jpg
 拝殿

 re1302.jpg
 神功皇后が応神天皇をご無事にご出産されたことにあやかり、霊験もあらたかな「陰陽石」。男女それぞれが、それぞれの石を3回さすると、子を授かるとのことです。
2015/12/05

橿原神宮(奈良県橿原市)

 「橿原神宮」の創建は明治23年ですから「古社」カテゴリーには入らないのですが、まあ、細かいことには拘らず「神社」ということで括っておきます。
 この地に畝傍橿原宮があったとされることにより、神武天皇を祀るために創建された神宮です。

 re1280.jpg
 南神門

 re1281.jpg
 到着したのが午前9時ちょうどだったのですが、すでに結婚式の記念撮影をしていました。
 こんな格式の高いところで神前結婚式を挙げるとは、羨ましい。

 re1282.jpg
 外拝殿と畝傍山
 
 re1283.jpg
 内拝殿、その向こうに幣殿(屋根の千木がちらりと見えている)、更にその奥に本殿が鎮座している
2015/12/04

弘仁寺(奈良)

 奈良、山の辺の道を歩いた際に立ち寄ったお寺紹介その2、「弘仁寺」です。

 弘仁寺(こうにんじ)は、奈良市にある高野山真言宗の寺院。山号は虚空蔵山、本尊は虚空蔵菩薩。奈良市の南部、天理市寄りの、山の辺北道の中ほどの小高い山、虚空蔵山の山腹にある寺院である。毎年4月13日の十三詣りで有名。通称、「高樋の虚空蔵さん」と呼ばれる。(ウィキペディアより)

 弘法大師創建のお寺さんです。紅葉が見事だと聞いており、楽しみにしていたのですが… 「今年」はどこもイマイチ、こちらもいま一歩で残念。

 re1275.jpg

 re1276.jpg

 re1277.jpg
 本堂 ここに算額(江戸時代の日本で、額や絵馬に数学の問題や解法を記して、神社や仏閣に奉納したもの)が掛かっているとの情報を得ていながら… 見るのを忘れて… これまた残念。

re1274.jpg
 明星堂

 re1278.jpg
 鐘堂

 re1279.jpg