2016/09/20

蔦の淵

 re1531.jpg
 E-M1+PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT
 東栄町を流れる大千瀬川にかかる幅約30m、落差約10mの大滝、「蔦の淵」で「PROMINAR 8.5mm F2.8 MFT」の試し撮りをしてきました。
 
 何せ35mmフルサイズ換算17mmの超広角レンズですので、ナイアガラ級のスケールでないと生かされないだろうと思ったわけです。

 re1532.jpg
 PowerShot G5 X
 一緒に持っていった「PowerShot G5 X」の広角端で撮った画像と比較すると、その広々さがわかると思います。しかも周辺の歪みがしっかり抑えられています。これはいいですね。
 

スポンサーサイト
2015/11/24

新城の滝Ⅶ ~猿滝~

 久々の「滝訪問記」です。
 先週の土曜日(11月21日)、紅葉狩りを兼ねて『阿寺の七滝』に行ってきました。
 re1251.jpg
 残念ながら谷の奥の方はモミジの紅葉は進んでいませんでした。本当に「チラホラ」程度… 12月に入らないとだめみたいですね。

 re1252.jpg
 フユイチゴ

 re1253.jpg
 阿寺の七滝。

 re1254.jpg
STYLUS XZ-2
 そして、これが『猿滝』です。 思ったよりも水量が少なかった。梅雨時に訪れると、迫力ある姿を見せてくれるのですが… これも残念…
2011/11/15

庵座大滝

日本の滝日本の滝
(2011/05/10)
川越 輝彦

商品詳細を見る

 resize0532.jpg
 先日の鈴鹿山行で撮った「庵座大滝」です。E-5を持ってくれば!と後悔しましたが… E-5で撮っても代わり映えしなかったかな… 取りあえず証拠写真ということで…
2011/10/19

新城の滝Ⅵ ~百間滝~

滝 (日本の名景)滝 (日本の名景)
(1999/05)
鉄 弘一

商品詳細を見る

 「阿寺の七滝」とくれば「百間滝」を忘れちゃいけませんよね。近年はパワースポットとして非常に人気が高いそうです。
resize0503.jpg
resize0504.jpg
resize0505.jpg
resize0506.jpg
 「阿寺の七滝」は優美な、どちらかと言えば女性的な美しさを感じさせる滝ですが、「百間滝」は豪快で男性的な滝です。樹林帯の中にあるため、その全貌を一枚に収めるのは難しいですね。しかし、どこを切り取っても絵になる素晴らしい滝だと思います。

resize0508.jpg
 アートフィルターで遊んでみました。「ドラマチックトーン」にて

resize0509.jpg
 こちらは「デイドリーム」
2011/10/18

新城の滝Ⅴ ~阿寺の七滝~

カメラマンのための日本の滝ベスト100―全国100カ所の滝撮影ガイド (NEWS mook 旅・写真ガイドムック)カメラマンのための日本の滝ベスト100―全国100カ所の滝撮影ガイド (NEWS mook 旅・写真ガイドムック)
(2008/06/20)
北中 康文

商品詳細を見る

 愛知県にある滝の中で唯一『日本の滝百選』に選ばれた名瀑、「阿寺の七滝」を撮りに行ってきました。本当はもう少し後、11月半ばの紅葉シーズンを狙っていたのですが、時間が取れたので「行けるときに行っておこう」ということで出掛けたわけです。
resize0500.jpg
resize0499.jpg
resize0501.jpg
 先日の雨で水量もあって、被写体としては申し分なし。
 続いて「猿滝」を目指したのですが、途中、倒木のため東海自然歩道は通過不可… 道を塞ぐ倒木を前にして茫然と立っていたら、横をカワセミが飛んでいきました。カワセミを見ることができたので良しとしますか。
 
resize0502.jpg
 七滝から駐車場に至る歩道にはモミジが植えられています。紅葉のころが楽しみですね。 
2011/08/29

鳴沢の滝

カメラマンのための日本の滝ベスト100―全国100カ所の滝撮影ガイド (NEWS mook 旅・写真ガイドムック)カメラマンのための日本の滝ベスト100―全国100カ所の滝撮影ガイド (NEWS mook 旅・写真ガイドムック)
(2008/06/20)
北中 康文

商品詳細を見る

 8月も残りわずか… 厳しい暑さは9月に託し、というところでしょうか、今年の8月は割に過ごしやすい形で終わりになりそうです。
 民主党の親分も野田に決まったことだし(ここまでは枕詞のようなものだと思って下さい)憂さ晴らしに滝を撮影しに行ってきました。今回訪れたのは「鳴沢の滝」です。
resize0438.jpg
resize0439.jpg
 いつ来ても豪快な姿を見せてくれる滝ですわ… 
2011/03/29

新城の滝Ⅲ

日本の滝〈2〉西日本767滝 (ヤマケイ情報箱)日本の滝〈2〉西日本767滝 (ヤマケイ情報箱)
(2006/07/01)
北中 康文

商品詳細を見る

 「新城の滝」シリーズも第三弾となりました。今回は旧作手村保永地区にあります「保永の三滝」を撮ってきました。
 この滝へのアプローチは2点注意が必要です。まず1点目は国道からの入り口が分かりづらいこと。「あまごのつかみ取り」看板が目印で、そこから測道に入れば車1台が通れる道がついていますが、とにかく分かりづらい。2点目は途中から急な山道(人一人がやっと通れるほど)を下ることになるため、登山靴等、足下をしっかり固めないと危険なこと。特に二の滝直下に降りるのは覚悟が必要です。しかし、危険を冒して接近するだけの価値のある「名瀑」だと思います。
resize0132.jpg
一の滝

resize0135.jpg
二の滝

resize0131.jpg
三の滝

 もう一回、今度は新緑のころか紅葉のころを狙ってみたいと思います。
 
 帰り道、第二東名の建設現場をパチリ…
resize0134.jpg
 ものすごいスピードで風景が変わっていきます。複雑な思いがしました。
 
2011/02/19

新城の滝Ⅱ








日本の滝〈1〉東日本661滝 (ヤマケイ情報箱)
北中 康文
山と溪谷社

このアイテムの詳細を見る


 買ったばかりの「タムロン・90mmマクロ」をK-5につけて、滝を撮りに行ってきました。
 本当は七郷一色の「百間滝」を撮りに行きたかったのですが、場所もうろ覚えで自信がなかったので、県民の森の「不動滝」に切り替えて…



 地味な一枚…ですな。冬場の薄曇りでは、ね… 県民の森には、この滝以外にも「下石の滝」「亀石の滝」「蔦の滝」なんてのもあるのですが、不動滝を撮影した時点で気持ちが萎えてしまい、パスさせていただきました。やっぱり、冬場の薄曇りでは、ね…


 帰宅後、庭先の「金のなる木」の花をパチリ。



 きちんと三脚立てないとだめですな。


 

2011/01/11

新城の滝














滝王国ニッポン (エイ文庫)
北中 康文
エイ出版社

 昨日(1月10日)『滝の引力』というサイトを見つけまして、無性に滝を撮りたくなり、近所の「滝巡り」に出かけてきました。


 冬枯れ+渇水の季節ですから滝を撮影するにはちょっと寂しいかなとも思いましたが、いてもたってもいられず・・・ 


 今回選んだのは『鮎滝』『釜淵の滝』『不忍の滝』の3本。本当はもう一カ所、『川路の大滝』も見たかったのですが、場所がよく分からず断念しました。ま、川路は我が学区(中学校)ですから、春になったら自転車で探してみるつもりです 


最初に訪れたのは『鮎滝』です。新城市出沢地区にあります。遡上する鮎を網ですくい取る「笠網漁」で有名ですね。もちろん鮎漁はシーズンオフですから、誰もいませんでした・・・



 続いては『釜淵の滝』です。国道257線を北上し、大きな水車が目印の「鳳城苑」手前を右折して通称「分垂道」に入ります。1kmほど登っていった所に集落があるのですが、その手前カーブの道下に滝があります。以前は廃屋が建っていたのですが、今は取り壊されてしまったため、目印になるものもなく、車で通過すると気がつかないと思います。私も6年ほど前まで通勤でこの道を使っていたのですが、今回初めて滝があると知りました。上下2段に分かれた小さな滝ですが、なかなか端正な姿の滝です。ただ惜しむらくは、周囲にゴミが散乱している・・・ 




 3つ目は『不忍の滝』。この滝は「長篠城趾」のすぐ横にあります。史跡公園からも見ることが出来ますし、散策道もついており滝壺までおりることができます。落差8mの堂々とした滝でした。でも絵としては、倒木が邪魔かな・・・ 是非とも増水期に再訪したいと思いました。それまでに倒木を撤去しておいてほしいな・・・